心のアーカイブ 伊波伴准

1年ぶり 二戸のお祭り

去年に続き、今年も二戸まつりにお邪魔しました。9月最初の金土日、二戸市は大いに盛り上がります。

去年も参加させてもらったのですが、今年と比べてみると猛烈に暑かったというのが大きな違いです。

二戸市の中心部にまつり本部が設置され、その隣に今年もカシオペアFMの特設ブースが設けられています。去年と違うのは、通りで運行される山車を見やすいように、放送席が高くなっていること。ほんの1mくらい高くなっただけで、見通しが大変よくなったサテライトスタジオです。

そこで今年も「お祭りらぢお」に参加させて頂きました。様々なスタッフが懸命に放送をしているなか、私の参加は邪魔だったかもしれませんが、楽しい放送でした。日中は山車の運行があるのですが、それを見ている人は去年より増えているような気がしましたし、通行する車からラジオを聞いて手を振る市民も多いなと感じました。

放送を通じて二戸の歴史文化を学ぶことが多くあり、あらためて「お祭り」は地域の基礎を作るものなのだと実感しました。山車を運行する人々の熱気、お祭りを楽しみに集まっているお年寄りたち、カシオペアFMに関わっている皆さんの努力・・・。

夜の流し躍りにも参加させてもらい、二戸の街の熱気を1年ぶりに実感しました。自分の住む街以外のお祭りに参加というのは、本当に貴重な機会です。

さて、来年はどんな形で参加できるのか、今から楽しみです。

2010 年 9 月 6 日 23 時 41 分 15 秒