心のアーカイブ 伊波伴准

絵本はなぜ必要か

盛岡市大通に「コミュニティースペースにこにこ」という場所があります。
NPO法人いわて子育てネットが運営している、子育ての情報スペースです。

子どもたちが楽しく遊ぶのはもちろん、体操や歌などを楽しめ、
さらにお母さんたちが仲良く情報交換をすることもできます。

今回は、藤原規衣アナウンサーと、絵本の読み聞かせについて学び、
実際に読み聞かせをしてみました。

絵本をただ声を出して読むだけでは、読み聞かせはできません。

物語や絵について事前にしっかり把握して
さらに子どもたちの反応も見ながら読み聞かせなければいけません。

きょう読み聞かせを教えて頂いたベテランのお二人に様々な留意点を伺いましたが
なるほど、と思ったのは、読み聞かせる本人が楽しむということも必要だ、
ということです。

私がいやだなあと思う本が仮にあれば、それは読み聞かせに向かない
・・・当然といえば当然のことですが
実際に読み聞かせをやろうという気持ちになって初めて気付く点の1つです。

また、文字を追うのではなく、絵をしっかり子どもたちに見せて
物語の世界にスムーズに入ってもらうことも大切ということ。
実際に読み聞かせをやってみて、子どもたちが目を輝かせているのをみて
ほんとうにうれしく感じました。

慣れない読み聞かせですが、少しずつできることを続けていければと感じます。
絵本が子どもたちの楽しみになるのなら、読み聞かせを今後も続けたいと思います。

2010 年 9 月 7 日 20 時 52 分 03 秒