心のアーカイブ 伊波伴准

深夜の出来事

事件事故の発生は予測ができないため、起きたときの衝撃は大きいものです。
昨夜、雫石町で発生した立てこもり事件もその一つです。

IATのニュースほか、様々なメディアでも伝えられた通り、
11時間の立てこもりの末、警察の突入によって幕引きとなりました。

事件の一報が入った時、私はIAT社内にいましたが、猛烈な慌ただしさとなりました。
取材担当者が各地に散らばり、さらに中継車の準備や、東京・テレビ朝日とのやりとりなど、
いつも以上にバタバタします。

必ずしも、外だけの取材ではありません。
社内で勤務・取材している人も、猛烈な勢いで情報集めをしています。

そうしていると、午後9時54分に「報道ステーション」が始まります。
当然、トップ項目で中尾アナウンサーが現場からリポートを始めます。
特に取材に気を遣う時間帯です。
立てこもっている人は刃物の様なものを使い、人質を取っているという情報でしたので
捕まえられている人の人命最優先、そしてスタッフの安全確保が大事です。

様々な情報が集まり、検討を重ねながら放送が進んでいきます。
情報は沢山集まっても、そのまま全てを流す訳ではありません。
確認が取れていて、かつ重要なものから放送されます。

他のテレビ局も様々な形でニュースがあり、いろいろな情報が放送されています。
よく、事件事故が起きても、一斉に同じ物ばかり放送しても意味がない
という意見を聞きますが、
事件事故の放送や中継などで全く同じ文言で中継することはありません。

映像や、伝える言葉には、関わる人の視点や思いが込められています。
多様な放送は、記者の目の集合体と考えることが出来ます。
事件や事故の概要をより立体的に見ることができる仕組みと言ってもいいでしょう。
そのために、各テレビ局はしのぎを削って取材・放送を展開するのです。
もちろん、新聞でも独自の情報を掲載し合うことで、補えることが多くあります。

テレビは大きな事件や事故があると、全力を挙げて様々な伝え方をしています。
全国ニュースになるような出来事の裏には大勢のテレビ人の想いがある…
そのことを少し思い起こしながらテレビを見てもらえるとありがたいなと感じます。

きょうのANNニュースでも繰り返し立てこもり事件の全国ニュースがありましたが、
まだまだ分からないことが多くあります。
今後伝えていくニュースにぜひ注目してもらいたいなと思います。

2010 年 11 月 30 日 20 時 05 分 56 秒

ゴエティー子育てスクールで読み聞かせ

11月27日に「ゴエティー子育てスクール」がありました。
IATといわて子育てネットが開いたもので、
盛岡周辺の親子が参加してくれました。

会場では、ゴエティーが親子たちを出迎え、
その後、音楽教室を主宰している上野理恵子さんと、フリーアナウンサーの野崎明美さんによる
「リズムであそぼ」がありました。

音楽に合わせての指遊び、紙芝居を使ったお話、
特に面白かったのは絵本のお話を音楽で紹介するものでした。
なるほど、こういう読み聞かせは面白い!と感じ、勉強になりました。
子どもたちがより楽しく集中しているのが伝わってきます。

その後、藤原規衣アナウンサーによる、絵本「ねずみくんのチョッキ」の読み聞かせ。
そして私「おまえうまそうだな」を読みました。
映画化もされているだけあって、絵本を出した瞬間に「知ってる!」という声もあがり、
予想以上に参加した子どもたちが、絵本に集中しているのでうれしく感じました。

「おまえうまそうだな」は、思わず笑ってしまうところや、驚くところ、
そして最後は少ししんみりするところもあって
トータルで楽しめる絵本です。
また、お父さんが読むのに向いているという評判も高い絵本です。

子どもたちが絵本に引き込まれている表情を見ていると
絵本が持っている力を改めて実感します。
どの絵本も内容が素晴らしいから、というのは言うまでもありませんが、
聞いている子どもたちも、しっかりと最後まで行儀よく聞いてくれました。

今回の対象は3~5歳でしたが、その参加者のお姉ちゃんの小学生の参加もありました。
通っている小学校で読み聞かせをしていて「勉強したいから」というのが参加理由です。

おそらく低学年のために読み聞かせ学校内でやっているのでしょう。
きっと、将来素敵な読み聞かせをするお母さんになることでしょう。
私ももっと頑張らなくてはと感じました。

ゴエティーがお見送り

2010 年 11 月 29 日 18 時 05 分 50 秒

雪の朝

雪のシーズンがやってきました。
けさから、岩手など北日本は冬型の気圧配置になり
朝から雪となりました。

maliosmae(動画)

出勤する頃には雨まじりの雪だったのが、
IATに近づく頃にはだんだん雪が多くなり、
10時頃には大粒の雪となりました。

saraniyuki(動画)

シャーベット状に積もった部分もあり、
目で見ても冬の到来が分かるようになりました。

きょうはまだ気温が氷点下ではないので道路が凍ることは日中はないと思います

今後は車の運転にも神経を集中しなければなりません。
雪が降るのを見ているだけなら楽しいのですが、
いろいろと心配事が増える時期です。

2010 年 11 月 29 日 14 時 48 分 55 秒

地域差、いろいろ

その地域ならではの「売れる商品」「売れない商品」というのを比べると
面白いことがたくさんあります。

例えば、以前取材などで聞いたことがあるのは、
盛岡では冬場、洗濯用の粉石けんが売れないということ。
今では洗濯機にお湯も給水出来るような設備もありますが、
以前は冷たい水で洗っていて、冬場は粉洗剤が溶け残りがでることがあり
冬場は液体洗剤のほうがよく売れるそうです。

さらに盛岡ではお盆に迎え火・送り火を焚く時に、白樺の皮を使う風習があり、
ある雑貨系のお店が盛岡に新規出店してきたとき、
お盆の時期に他の店はみんな白樺を売っているのに
そのお店は知らずにとても驚いたという話を聞いたこともあります。

一方、地域として、全国の平均的な状況と全く違うのが沖縄です。

沖縄は、ケンタッキーフライドチキンの消費量が多いというのが有名ですが、
沖縄出身者からすると「チキンは晩ご飯のおかずでしょ」ということが
理解されないのが、くやしいところです。

さらに、沖縄ならではの売れるもの、が、コーヒー飲料の「ミロ」です。
牛乳にといて飲む、あのミロはなぜか沖縄が他の県よりも売れるそうです。
沖縄だけ、他の地域にない大きなサイズの瓶売りをしているそうなのです。
きちんと調べたわけではありませんが、確かに幼い頃は頻繁にミロを飲んだ記憶があります。

また、出汁(だし)も地域差がある、という話をきいたことがあります。
東北地方では、和風の出汁は売れるものの、
洋風だし(ブイヨンなど)は他の地域よりは売れゆきがにぶいそうです。
やはり、東北は和風の味付けが好まれるということなのでしょうか。

売る、という瞬間で驚いたのは「コイン精米機」です。
今でも14年前に盛岡に始めてきたときに驚いたのが「コイン精米機」。
玄米でお米を手に入れることが簡単にできるので、こういうシステムがあるんだ、と
とても感心したことを覚えています。

同じくらい驚いたのは、青森県で見た「リンゴの自動販売機」。
お金を入れるとコインロッカーのような販売機の透明な扉が開けるようになって
中からリンゴを取り出せる、という仕組みです。

同じ日本でも、豊かな違いがあるというのは、学ぶべきところがたくさんあると感じます。

2010 年 11 月 25 日 18 時 00 分 57 秒

テレビなのに、映像がない場所

IATの中に「録音室」という部屋があります。

テレビだから「カメラ」と「マイク」がだいだい一緒のはずですが

ここだけは「マイク」だけなのです。

実は、放送300回を超えている毎週金曜夜の「金曜deないト!」はもちろん、

ニュースの中の特集や、特別番組のナレーション録音、CM制作などで使われます。

この部屋だけは、外からの音が入らないように

窓がはじめから作られていません。

この日の録音は11月20日午後1時25分から放送される特別番組「ちょっくら、鉈屋町へ!」です。

丹野アナウンサーと私とで、番組の流れを声でお手伝い。

普段は「金曜deないト!」で大変はじけた声を出している場所ですが、

この番組は、ちょっとオーダーが違います。

今まで要求されたことのない注文に基づき、番組を進めて・・・いけたのでしょうか。

自分で取材をしたり、制作をしたりする番組の場合は、

番組全体のイメージに基づいて、録音に集中するのですが、

ディレクターの注文と、自分のイメージをすりあわせるという作業があると

悩みながらの録音になります。

特別番組の録音をやるごとに、つくづく難しいものだ、と感じます。

ぜひ、20日の放送をご覧下さい。

2010 年 11 月 18 日 19 時 26 分 35 秒