心のアーカイブ 伊波伴准

歯を磨こう、で読み聞かせ

IATアナウンサーによる読み聞かせ、継続中です。
きょうは中尾アナウンサーと共に、
盛岡市大通のコミュニティースペースにこにこへ出向き、
「にこにこDay」に参加しました。

今回は良い歯の日の11月8日に近い、ということで
岩手医大から歯の専門の先生を招いての歯磨き指導もありました。

今回読み聞かせをしたのは、
中尾アナウンサーが「ねずみくんのチョッキ」(作:なかえよしを 絵:上野紀子・ポプラ社)、
私は歯磨き指導の前ということだったので
「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」(作・絵:五味太郎・偕成社)を選びました。
中尾アナウンサーの読み聞かせには大型絵本を使ったので、子どもたちはくぎづけ。
この絵本は、絵自体はシンプルですが、
登場する動物がだんだんと大きくなってきて、
さらに次に出てくる動物がちらっと姿をみせる仕掛けもある絵本なのです。

「わにさん~」は、立場が違う登場人物が同じ言葉を発して物語が進んで行きます。
へえ、と大人でも面白く感じる絵本です。

最後は「はみがき、はみがき」で終わり、
じゃあ、参加したみんなも歯を磨く勉強をしましょう、と締めくくりました。

その後は正しい歯磨き指導に、会場がとてもにぎやかになりました。
にぎやか、とは、正しい歯磨きを教えるために歯ブラシを口に差し込まれ
子どもたちが最大級の抵抗をしている様態を指します。


しかし、これは大きくなるために大切なことなんだよね…
指導する先生と、参加したお母さんたちの苦労を垣間見る貴重な時間でした。

2010 年 11 月 10 日 18 時 16 分 39 秒