心のアーカイブ 伊波伴准

鍼灸治療

40歳に近づく、というと様々思うところがあります。
まだ30代と言い張るか、アラフォーという言われ方を受け入れるか・・・

ここしばらく腰痛が激しくなってきて座るのも立つのも億劫になってきました。
この痛みはなんだろう?

すぐに治るかと思い、風呂に長く入ったり、マッサージをしたり
低周波治療器を使ってみたり、いろいろ試しましたが改善しません。
そこで初めてマッサージと鍼灸治療を受けることにしました。

担当の先生に症状を話したところ、真っ直ぐ座るようにいわれ、
その後、背骨の下のあたりを、少しずつ、ぐりぐり押していきます。

「ここが痛い?」
触りながら、痛みの場所を確認したところ、
「座る時間が長い仕事ですか?」
・・・ほぼ正解です。

先生の見立てでは、ずっと同じ姿勢が続くので、骨の隙間の神経が圧迫され
そこに疲労物質?がたまってきて痛みになってきた、とのことです。

これに基づき、痛みの元がある場所と思われる所を、少しずつもみほぐしていきます。

力は入らないものの、じっくりと時間をかけて治療していきます。
しばらくすると、シャツのすそをめくって、腰のあたりをさすり始めました。
気付いたら、箱を取り出し、あっというまに、針がうたれました。

ちくっとしたかと思うと、あとは針が刺さっているのかもわからないくらい。

しばらくすると、腰のあたりが温かくなるような感覚です。
針をすっと抜いたあと、すぐにお灸を据えられました。

さらっと書きましたが、針も、お灸も、人生初。
黙って見ていましたが、ものすごく緊張するし、ドキドキします。

ただ、想像以上に痛くなく、さらに温かくじんわりと痛みが引いたような感覚でした。

1時間ほどで治療が終了。
「きょうはだるく感じると思うので、あまり体を動かさないようにね」
と優しく言われました。
治療当日は、やや楽になったかな?という感覚でしたが、
翌日、3日目となっていくに従って、嘘のように腰の痛みはなくなりました。

しばらく腰はだるいような感覚でしたが、当初の痛みはありません。

治療、奥深し。
歳を重ねるというのは、こういう経験を重ねることなのかもしれません。

2010 年 11 月 17 日 18 時 31 分 16 秒