心のアーカイブ 伊波伴准

目標とは達成すべき結果

朝日新聞盛岡総局と岩手県朝日会が開いた
「清水宏保講演会」に、司会としてお手伝いをしました。

清水さんと、朝日新聞盛岡総局次長の志方浩史記者とともに講演会を進めましたが、
清水さんの気さくな人柄や真剣に頂点を目指した姿勢、
さらに志方記者の取材者としての気持ち、などとても勉強になる場でした。
集まったおよそ150人の皆さんも、とても良い時間を過ごしているようでした。

清水宏保さんは、ご存じの通り長野冬季オリンピック
スピードスケート男子500メートルで金メダルを取りました。

1974年2月、北海道帯広市生まれ私と同じ学年です。

今回の司会の話が来たときに運命的なものを感じました。
私のシステム手帳には清水さんが金メダルを取ったときの
朝日新聞の記事のコピーがいつも挟んであります。
その記事にはこんなことが書いてあります。

「競技者である前に、人間としてやるべきことをきちんと見つけていかなければ」という気持ちです。いま、「意識の新陳代謝」が始まっているのを感じます。表彰台に立たなければ、そんな気持ちになることはなかったかもしれません。(中略)いろんな出会いに恵まれて、ここまで来ました。金メダルは人生の通過点。僕がひとつの「峠」を越えられたのは、テレビで応援してくださった方も含めて、本当に皆さんのお陰です。「我以外皆我が師」。ありがとうございました。
(朝日新聞1998年2月23日付け紙面から)

この金メダルを取ったとき、私は24歳。清水さんは24歳になろうとするところ。
同じ学年・同じ年代の選手が金メダリストになったことに感激したことに加え、
その金メダルを「人生の通過点」と表現したことにも感銘を受けたのです。
自分は一体何を目標にすべきか、と当時自問自答を繰り返したと同時に
自分はテレビの世界でもっとやるべきことがあるのでは、と強く思ったきっかけ、
つまり心の支えになった記事だったのです。

清水さんと講演会の前の打ち合わせで、勝手ながらそんな話をしたところ
「そうなんですか」と驚いた様子でした。

ぜんそくという病気と付き合いながら金メダルを取った清水さんは、
がんで亡くなった父親の話になると、こんなことを話していました。

「父親が亡くなった時に、お通夜の日に走りに出かけた。
 病気で見舞いに行っても、ここに来る時間があれば練習しろ、と言っていた父は
 いま、僕が走った方が良いと言うと感じた」

清水さんが自分自身で強くなるためにはどうすればいいのか
幼い頃から自分で考え、行動するという力が既にあったのだ、と本当に驚きました。

さらに講演では
「ぜんそく患者だからスポーツで一番にはなれない、と言う人がいるが、
 まずやってみなければいけない。
 出来ないという前に、出来るためには何をするべきか計画を立てて
 しっかりと行動することが重要」
と話しました。

決して高くない身長、ぜんそくと向き合いながらのスポーツ…
その全てを自分の力として、最高にたかめていった精神力・人間力は
本当に素晴らしいと感じました。

その中で言ったコメント。
「目標とは、達成すべき結果なのです。」

自分の目標に向かって力強く進む、本当にすごい人だなと感じました。

今年ももうすぐ終わり。私も自分自身が次に何に取り組むどう進んでいくか、
見つめ直さなければと、強く思いました。

清水さんや、志方記者、またこの講演会の開催・運営にあたった皆さんに感謝したいと思います。

2010 年 12 月 27 日 16 時 57 分 39 秒

クリスマスコーラスの集い

クリスマスです。
きのう23日、盛岡駅西口のマリオスでは「ハートフルクリスマス2010」が
開かれました。

盛岡市内で活動をしている5つの団体が日頃の練習の成果を
マリオス4階アトリウムで披露しました。

マリオスは3階のメインエントランスから4階までひと続きになっていて、
4階の美しいコーラスは、3階まで響きます。

また、建物の中も青いLEDライトで装飾され
よりクリスマスのムードがあふれています。

会場ではIATのキャラクター・ゴエティーも登場し子供たちの人気を集めました。

きょう24日の夜まで、マリオスの壁にはハートマークが浮かび上がる
イルミネーションも実施中。
おとといの雨とうってかわって、今は雪が積もり始めました。
いつも通りの白銀の風景になりつつあるクリスマスイブです。

2010 年 12 月 24 日 18 時 09 分 25 秒

鉄塔

雪が降り始めるシーズンになりました。
こんな時、朝早い出勤時に、ちょっと気をつけないといけないのが
IATの通用口なのです。

盛岡駅からみると、「IAT」とアルファベットが書かれた鉄塔は
なんとも古風な、でもわかりやすい鉄塔です。

この「IAT」の文字の裏に、お椀のようなアンテナがあります。
お椀から電波が出て、紫波町の新山送信所までテレビの画像・音声を送っています。

このお椀が、ちょっと気をつけないといけない存在なのです。

冬の初めと冬の終わり、
このアンテナには、雪が張り付くことがあります。
雪は太陽が上がると共に、太陽光を浴びて溶けてきます。
すると・・・
その真下に雫がぽたぽたと落ちることになります。

その真下あたりが、ちょうど出勤するときに
まれに通ることがあるのです。

注意すべき日の特徴としては、
雪は夜のうちにやんで、朝は爽やかに晴れ。気温5度前後ぐらいの時。

雪も雨も降っていないのに、その場所だけ、勢いよく雪がとけて
局部的な雨漏りのように、しずくが落ちてきます。

ただ、落ちても痛いわけでもなく、
無風だと限定的な場所に落ちるので、すぐに避けることができます。

普段は正面玄関を出入りするので気にならないのですが
時々、早朝出勤するときだけ、注意が必要です。
ただ、心配することなくもうすぐ極寒の時期になっていしまいますが…。

ちなみに。
このアンテナの先、紫波町の新山送信所から全県に向けてデジタル放送の電波が出て、
さらに山間部などをカバーする中継局が約60ヵ所ありますが、
今週月曜日の13日に、計画された全ての中継局が開局しました。
デジタル放送受信の準備、ぜひお願いします!

2010 年 12 月 16 日 18 時 57 分 40 秒

盛岡駅周辺のイルミネーション

きょうから、盛岡駅の東西でイルミネーションが始まりました。

盛岡駅東口の滝の広場はもちろん、
IATがある盛岡駅西口も、暖かな光があふれています。

IATは、Go!Go!子育て応援宣言!!の看板のライトアップのほか、
ゴエティー色でのイルミネーション、
そして23日に公開の「相棒」の巨大なポスター(タペストリー)もあります。

マリオス前のバスターミナル周辺でも、色とりどりのイルミネーション。


22日から24日には「マリオスハートフルクリスマス2010」も開かれます。
ぜひ、盛岡駅西口に足を運んでみて下さい!

2010 年 12 月 10 日 17 時 58 分 36 秒

テンションが上がる空港

先日、仕事で東京に行ったときに時間を作って羽田空港に行ってきました。
羽田空港といえば国際線。
新たに解禁になった路線も含め、新ターミナルが話題になっていることが多かったので
まず見てみようと思い立って、出かけてきたのです。

東京モノレールを使って「羽田空港国際線ビル」駅で下車。
改札を下りるとすぐに出発ロビーが広がっています。

成田空港に比べると、屋根がやや低いので、空間としては若干狭く感じますが
広くて奇麗なロビーが広がっています。

外国人観光客向けの日本風のお店も並んでいます。


訪れたのがちょうどお昼頃でしたのでどの店も大混雑。
外国人の方が喜ぶようなお店?と思いましたが並んでいるのはほとんど日本人のように見えました。

送迎デッキにでると、国際線らしく様々なエアラインの機体が並んでいます。


アジア中心の近隣国へ飛ぶ路線なので、まず大韓航空、アシアナ航空が目に飛び込んできます。

航空連合で言えば、大韓航空はスカイチーム。アシアナ航空はスターアライアンス。
全日空もスターアライアンスで、日本航空はワンワールド。
羽田空港で世界の三大航空連合のエアラインを全て見ることが出来る…
普段岩手にいると見られない光景で、とてもテンションが上がります。

また、駐機場には、台湾のエバー航空の姿もありました。
岩手にも時々チャーター機としてやってくるエアラインです。
奥には香港航空の機体も。ニュースに出てきた飛行機?と思いながら見ていました。

東京スカイツリーも遠くに見えました

また、出発ロビーには、日本語・英語・中国語・韓国語での案内が出ています。
地方空港ではなかなか見ることのない表示です。

首都圏在住の人にとっては、羽田を活用した様々なツアーが増え、
今後、ますます利便性が高まり国同士の交流も増えるだろうなと感じます。
浜松町から出発すると、国内線ターミナルよりも国際線の方が早く到着。
海外が一気に近づいたという印象です。

ただ、昼どきだったこともあり国際線のターミナルで食事をすることはできず、
無料のバスで国内線ターミナルに移動することにしました。
ところが、この無料バスも大混雑。
私のように飛行機が好きで、乗る用事がない人も多く集まっているのでしょう。
混雑していますがまた行ってみたいなと思いました。

2010 年 12 月 9 日 17 時 05 分 38 秒