心のアーカイブ 伊波伴准

ハンス・コパーを堪能

岩手県立美術館に久しぶりに行き、ゆったりした時間を過ごしました。
私は実は美術館が好きで、学生時代を過ごした東京にいた頃は、休みの日に世田谷美術館に行くのが楽しみでした。

今県立美術館で開かれているのは、陶芸家のハンス・コパー展。
サブタイトルの「20世紀陶芸の革新」の通り、ユニークな形の作品が多くあります。

事前に、写真やポスターなどで見ると、
一つひとつ手で成形したようなものばかりで、手間のかかったものかな、と思っていました。
ところが、作品解説を見ると、成形そのものの大半がろくろを使っているのだそうです。
ろくろで2種類の形を作り、それをつなぎあわせるのがコパーの特徴なのだそうです。
筒状のものが重ねられたり、薄い器のようなものを組み合わせていたり、
さらに球体の上に楕円形のものが組み合わせられたポットもあります。

ろくろだけでも成形は大変だと思いますが、さらにつなぎ合わせるという手間。
出来上がった作品は、繊細な曲線美に心を打たれ、
表面の掻き落としで出来た模様は、気持ちが吸い込まれるような感覚がします。

さらに作品とは直接関わらないかもしれませんが、
ハンス・コパーの年表に「妻と出会う」「2番目の妻・・・」「3番目の妻と・・・」
という表記があったことです。
芸術家は凡人には分からない、様々なことを抱えながら創作活動をするかもしれません。

コパーの人生に思いを巡らせたあと、小腹が空いてきたため(という都合の良い理由で)
県立美術館の中にあるレストラン「パティオ」に寄りました。

すると「ハンス・コパー展特別メニューアフタヌーンティーセット」というメニューがありました。
パティオは、企画展に合わせたメニューをいろいろと展開しています。
さらに隣接する公園の長めや、高い天井など、開放的かつぜいたくな空間です。
迷わず、そのセットを注文しました。

サンドイッチとスコーン、さらに一口サイズのスイーツ、選べる飲み物が付いて1,100円。
日常生活を離れ、ぐっと優雅な時間を過ごせる場所なのです。

飲み物は、ダージリンかアールグレイの紅茶を選べる、と書いてあり
迷わずアールグレイを飲みました。
時々、香りの良い紅茶と何も考えない時間が、人生には必要だと強く感じます。

あー、しあわせ!

ハンス・コパーから、たくさんの力をもらったと感じる時間でした。

2011 年 1 月 28 日 16 時 16 分 15 秒

辞書引きの強さ

「辞書引き学習」が、注目されています。
「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」で知られるベネッセのホームページを見ると
詳しく載っています。

最近では、アナウンサーがよく使うアクセント辞典までもが
電子辞書に入っているという便利なものも登場しています。
東京から放送されるニュースを見ると、手元にそれらしき電子辞書・・・。
ピンポイントで大急ぎで調べるのには、電子辞書が最適です。
しかし「学ぶ」ことを考えると、やはり分厚い辞書を使うのが一番です。

中学生の時にも何度も言われたことが、いま実感として理解できるのですが、
辞書を引くことは、文字の並びを物理的に指で実感しながら探す、ことの繰り返しです。
五十音順の言葉を辞書で探すことは確実に頭の体操になっていたなあ、と感じますし
何度もめくられて真っ黒になった辞典は、宝物のように感じました。
今の中高生は、こういう体験は少なくなっているのでしょうか?

辞書引きで大事なのは前後の言葉も一度に目に入ってくることです。
アクセント辞典でも例えば「つくり」で始まる項目は、
「つくりあげる」「つくりおき」「つくりかえ」「つくりかえる」「つくりかた」
と、
グループでアクセントを確認できます。

また、英語の勉強中に使う英和辞典は、同じ「have」でも
他の言葉との組み合わせで全く意味が変わってくる、なども辞書ならすぐにわかります。
一度に、一覧表のように見られるのが、辞典の魅力です。

大型の辞典、たとえば広辞苑などは知識の泉です。
法律用語でも、地名でも、科学用語でも、
おおよそ日本語として認められた用語はほぼすべて載っています。
少しでも覚えたいという気持ちで、学生時代に枕にしてみたこともありましたが
よく眠れず、すぐにやめてしまいました。

あんまり辞書辞書、と言っていると昭和の人、と思われそうですが
辞書引きは頭に残るということを昭和の人としてぜひ平成の若人たちに実践してもらいたいなと思います。

2011 年 1 月 25 日 21 時 03 分 50 秒

石垣島マラソン 岩手が強かった!

冷害をきっかけに始まった岩手と沖縄のかけはし交流。
その中心的な交流となっている石垣島マラソンがきのう(23日)開かれ、
岩手の目移和行選手がフルマラソンで優勝。
そして2位は同じく岩手から参加の藤原孝志選手でした。

石垣島の地元紙、八重山毎日新聞のWEB版の記事によると、
目移選手は2時間38分56秒で2連覇。
私が取材で同行したおととし2009年では、
藤原孝志選手が2時間30分11秒で優勝、目移選手は2時間30分35秒で準優勝。
その2人が、今年の大会でもワンツーフィニッシュだったのです。
通算でも5大会連続で岩手県勢が優勝です。

実際に走った藤原選手によると、きのうは予想以上に暑く、厳しいレースだったそうです。
タイムにもレースの厳しさが表れているかな、と思います。

今年は、岩手・沖縄かけはし交流協会の石垣支部が発展的に新しくなり、
石垣・岩手かけはし交流協会が設立されました。
これからはさらに交流に広がりがでてきそうです。

今回、私は取材に同行出来ませんでしたが、
今後も岩手と沖縄のかけはし交流について、多くの情報を両県に伝え、
交流を発展させていきたいと考えています。

岩手からは今回チャーター機でマラソンや交流を目的に
多くの人が石垣島へ渡りました。
まず、お互いを知るために、行き来をすることが大切。
機会があれば、皆さんも一度石垣島へ、そして石垣島から多くの人が岩手にいらっしゃることに期待します。

2011 年 1 月 24 日 16 時 58 分 54 秒

15、ごろごろ、いこういこう

今年4月1日から、岩手朝日テレビの15周年期間がスタートします。
そのための雰囲気が漂ってきました。
IATの放送では、15周年開幕のお知らせを放送していますのでご存じの方も多いと思いますが、
IAT社内でもいろいろな掲示物や飾り付けがあるのです。

ロビーに行けばごろごろ。
ごろごろしているのは、15周年をPRする垂れ幕・・・というか垂れ幕スタンド。

そしてポスター、


色鮮やかなのぼりも、あります。

ゴエティーのひとりごとにも掲載されていますが、
盛岡駅西口から見えるIATの局舎のガラス面にも15周年の文字が躍っています。
マリオス前のバスターミナル付近を通りかかると見ることが出来ます。

いいこと(1)ごろごろ(5)で、15周年。
今から私もいろいろと楽しみです。

ちなみに、開局したころに使っていたIATの取材用車には
ナンバーが「1515」のものがありました。

当時のIATスーパーJチャンネルで、何かのニュースのまとめに
「ナンバー1515の車に乗って、取材にいこう、いこう。
・・・いちごう、いちごう」
と話したところ、
その表情が良かったと視聴者にお褒めを頂いたことがあります。

放送で思い切ったことを言って、当時はとても恥ずかしかったことを覚えていますが、
(といいますか、だじゃれをニュースで…という躊躇を禁じ得ない状況ですよね)
今となっては良い思い出となり、
「いこう、いこう」はテレビ人にとって
取材であれ、営業であれ、大切な考え方の一つだな、と感じるようになりました。

2011 年 1 月 21 日 19 時 28 分 40 秒

楽しみなちびっこのど自慢

盛岡市内で子育ての支援活動を積極的にやっている、NPO法人いわて子育てネット
ユニークなイベントを開きます。
ちびっこのど自慢」です。

2月11日の祝日に、盛岡駅の駅ビル「フェザン」の出逢いの広場で開催されるのですが、
いろいろな意味で楽しみなのど自慢です。

4歳から小学3年生を対象に、自分で伴奏を用意した上で参加、というものです。

のど自慢といえば…。

年末に友人家族らとともにカラオケボックスに行く機会がありました。
一緒に行った子どもたちが、その場の空気に慣れて波に乗るまで、大変でした。

自分の歌いたい曲はこれだ、というのにたどり着くまでが大変なのです。
たとえば、プリキュアの歌といわれても、
フレッシュプリキュア、ハートキャッチプリキュア、ふたりはプリキュア…
で、「どれ?」となるのですが、伴奏を聞いてみるまでわかりません。
曲が決まるまで、プリキュアタイムが続きます。

大人が「これ、歌ってみて?」とドラえもんを入れても
「このドラえもんの歌じゃない!」
・・・つぎはドラえもんタイムです。

さらに、3歳くらいの子どもだと、部屋の大音響に慣れるまで時間もかかり
すぐさま「音量絞って!」

あやすために「ジュース飲もうか???」

いろいろな意味でとても勉強になる、楽しい時間でした。

最終的に目的の曲が出てきて「あ!これだ!」「よかったねー!!」
…大人がみんなほっと胸をなで下ろしたところ
びっくりするくらい小さい声…そうか、次は恥ずかしさとの戦いなんだね、という状況です。

その点、ちびっこのど自慢は、自分の好きな曲をしっかり決めて歌えるから大丈夫。
ジャンルも自由、カラオケの場合は、自分で音源を用意し、
その種類はCD、MD、ipod(音楽プレーヤー)…ipod!?
なるほど、時代はそこから音を出せるまで進んでいるのです。

この楽しみなちびっこのど自慢は今参加者を募っています。
盛岡駅ビルをかわいい歌声でいっぱいにしてくれる子どもたちが集まるのが
いまから楽しみです。

2011 年 1 月 17 日 18 時 36 分 13 秒