心のアーカイブ 伊波伴准

今年も八重山高校と盛岡四高が交流

1993年の冷害をきっかけにした岩手と沖縄の「かけはし交流」で
定期的に交流をしているのが、石垣島の八重山高校と盛岡第四高校です。

岩手が冷夏のために翌年植える種籾に困った時、石垣島で種を増やしたのですが、
その後1995年の岩手県高校総合文化祭開会式に八重山高校郷土芸能部を招いたことをきっかけに
毎年、お互いの高校を訪問しあうようになりました。

今年度は、9月に盛岡から石垣島へ7人の盛岡四高生が訪問。
そして石垣島から盛岡へは、1月12日(水)から12人の八重山高生がやってきたのです。

きょうお邪魔したのは盛岡市アイスアリーナ。両校のスケート体験の様子を見せてもらいました。

大騒ぎをしながらも、さすがに高校生はすぐにコツをつかんで
徐々に滑れるようになっていました。
若いって素晴らしい。この楽しさ一つひとつが交流の記憶として刻まれるのです。

(動画はこちら)yaeyamas

高校同士の交流はすでに16年目。
岩手と沖縄の交流が始まった頃に生まれた子どもたちが、いま、高校生になっています。
交流は”継続”が本当に大きな力になります。

今回、改めて心をぎゅっとつかまれたのは、引率者の先生です。
沖縄県立八重山高校の引率者、波照間督起(はてるま・としゆき)先生は、
13年前に八重山高校の生徒として盛岡に来たことがある、という先生です。

自分が高校生の時に来た盛岡に、次は生徒を連れてきた、ということに
波照間先生は「交流が続いていることは本当に素晴らしいことだと思う」と話し、
「子どもたちにいろいろなものを吸収してもらい、ほかの生徒たちにも伝えて欲しい」
と期待していました。

波照間先生の後輩にあたる生徒さんの取材の話をしてみたところ
何人か知っている人もいて、世の中は狭いな、と感じます。
加えて、交流の継続があったからこそできる会話だなと感慨深く感じます。

この波照間先生、13年前に来盛したときに盛岡市アイスアリーナに来たそうですが
そのときは見学だけ。スケートはしなかったそうです。
今回は生徒と共に、全く初めてのスケートに挑戦していました。
よろよろしていましたが、すぐに滑れるようになっていた様子をみて
この体験も、交流をより深くしてくれる要素になるかも、と感じました。

八重山高校生は、盛岡四高生の家庭にホームステイしながら、
15日は中尊寺や宮沢賢治記念館をまわり、17日には安比高原スキー場でスキーを体験するそうです。

たくさんの北国の思い出を持って帰ることがかけはし交流。
厳しい寒さと大雪は、彼らにとって全てが宝物のような体験になることでしょう。

2011 年 1 月 14 日 18 時 28 分 27 秒

相棒 -劇場版Ⅱ- の”深さ”

盛岡ピカデリーという映画館が、盛岡市の映画館通りにあります。
コンパクトな劇場は地下にあるため、人気のある映画が上映されると
地上(歩道)に行列ができます。

休日の朝一番の上映なら少しはすいているだろうと思って出かけると、
上映30分前の午前10時頃には既に列が出来ていました。
寒い中でしたが、誰も不平を言うことなく静かに列を作り
なんて行儀のいい映画ファンなのだろうと感心します。

いざ映画が始まると、相棒ワールドをしっかりと楽しむことができました。
1作目の映画(劇場版)では、スケールの大きさに驚いたことを思い出します。
この撮影はどの規模でやったのだろうか?
CGは使っている画像なの?
撮影上のいろいろな苦労に思いをはせながらみたのが1作目。

今回は、物語の流れや意外な展開に驚かされました。

ぜひ映画を見て欲しいという意味では詳しく書くべきではありませんが、
相棒ならではの”最終的にここでこんなつながりが!”と
驚くストーリー展開。
普段放送されているドラマ以上に面白いものが沢山ありました。

映画館に入る時に「ThankYou!」と書かれたグリーティングカードが配られたのですが、
このカードの意味を、映画が終わった後に分かるのです。
だからこのカード

2011 年 1 月 12 日 18 時 29 分 24 秒

元気をもらう韓流ドラマ

年末年始に、韓国のドラマを見る機会が多くありました。

これまでに、韓国のドラマは「事故」「出生の秘密」が柱だ、などと
聞いていました。

確かに、本当に劇的なストーリー展開が多いのも事実ですが、
見ていて面白いのは喜怒哀楽をストレートに表現するという場面です。

それに加えて、思っていたことを思いの外、セリフにして話していて
一言をきっかけに、さらにもめ始め、思い切り怒ったり泣いたり・・・。

見ていると、普段私たちが言いたいことをどんどん言ってしまうからこそ
韓国ドラマを見ていると気持ちがスッキリする部分があるのかもしれません。

さらに、複数のドラマを見ていて感じるのは、相手を思いやる表現がわかりやすく、
家族を大切にする気持ちも前面に出していくという様子です。

どんなにもめても、結局家族だからね・・・と
最終的に敵対していた登場人物が仲良くなっていく過程は、
見ていてほっとします。

ひょっとすると、日本のドラマでは意外となくなってきた要素なのかもしれません。

その他にも、韓国語のちょっとした勉強になったり、
誕生日にはわかめスープ、同様したら「水をくれ」など
いろいろな文化も読み取れて、楽しく見ることができます。

これからも元気をもらいたくなると、韓国ドラマにはまるかもしれません。

2011 年 1 月 7 日 19 時 59 分 56 秒

2011年の始まり

とにかく、指が痛い新年です。
乾燥のために指に傷が出来て、その治りが遅いこともありますし、
雪かきを何度もする必要があって、指を痛めてしまったということもあります。

雪かきが終わったかと思えば、次は日陰の道を注意して歩く必要があります。
凍って滑りやすくなっていたり、氷の固まりの轍(わだち)が出来て危険だったり、
かと思えば、雪かきをしていない場所を通ると足がずぼっと沈む場所もあります。
記録的な積雪のあとは、体力が必要です。

そして今年のお正月の記憶で最も強烈だったのは雪の次に箱根駅伝です。
私の母校、國學院大學が出場。その母校のチームを、何度も全国ニュースで見ることになるとは…。

駅伝に興味のある方は既にご存じだと思いますが、
10区のゴール直前、コースを間違えてしまったのです。
レース最終盤、4人のグループで走っていました。
そのグループで最下位の場合は、11位。
つまりシード権のかかった”10位以内でゴール”を争っているまっただ中で
コースを間違えたのです。

テレビ(ワンセグ画面)を見ていて、思わず大声を出してしまいした。
期待を込めてレースを見守っていた院友(國學院OBのことをこう呼びます)なら
だれもが同じ思いで、悲鳴をあげたにちがいありません。
國學院が10位以内に入れば史上初。とても期待が集まっていたのです。

コースを間違えた原因は、テレビ・新聞などの報道では
前を走っていたテレビ中継車につられて、
真っ直ぐ行くべきところを曲がってしまった、らしいです。

コースを間違った時点で11位だったのに、その後猛烈に追い上げて10位。
10区を走った寺田選手本人が焦ったのはもちろんでしょうが、
大学関係者やOB一同も、かなりあせったことでしょう。

ああ、今思い出しても、ドキドキします。

すーっと真っ直ぐ走っていれば順位はもっと上だったかもしれません。
しかし、コースアウト。
慌てて戻る・・・。
猛烈な追い上げ・・・。
新年早々、何とも言い難いドキドキハプニングです。

こういうアクシデントを乗り越えての10位は、
来年へ期待すべき状況なんだよというメッセージなのかもしれません。
道を間違えても、そのあと頑張ろう…と思う年始めです。

2011 年 1 月 6 日 14 時 31 分 42 秒

カシオペアFMの活躍

2011年が始まりました。
年末、クリスマスの時期の大雪のあと、年越しも大雪となり、
岩手県内の各地で停電が発生し、お正月どころではなかった方も多かったと思います。
停電のために、二戸周辺で県内のテレビ放送が一時中断することもあり、
本当に申し訳なく思います。

特に、二戸周辺ではテレビ放送が受信できない以上に「停電」の影響を受け
多くの人が、不安と寒さの中で過ごすことになってしまったのですが、
そんな中で大活躍だったのが二戸市のカシオペアFMです。
カシオペアFMの開局前から取材をしている私にとって、
今回のカシオペアFMの動きは、本当に成長を実感する素晴らしいものです。

カシオペアFMの関係者の情報によると、
大みそかからの停電で、周辺地域では1万2000世帯以上で電気が使えなくなり、
場所によっては80時間以上も電気が使えなかったそうです。

そんな中、元日の1日に、二戸市からの要請を受けて
午前11時40分頃からカシオペアFMは災害緊急放送を始めたそうです。
市役所も、東北電力も、被害状況をなかなか把握できない中、
カシオペアFMの放送を聞いたリスナーから情報が集まり、
それを聞いて災害対応にあたった、という所もあったそうです。

その後、2日になると、停電のためにテレビ放送に障害が発生。
県内のテレビ放送が中断してしまいます。

二戸の方に聞くと、テレビが映らないことに気づき、
さらに外に出て近所の人に聞いて、同じようにテレビが映らないことを知ったそうです。
雪のせい?二戸の送信所で停電が起きているの?…と、
住民同士が不安に陥ってしまったそうです。

お正月にテレビが見られない茶の間、
さらにその原因が分からない・・・加えて停電が続いている家も・・・。
想像しただけでも胸が苦しくなります。

そんな中で送信設備・スタジオともに停電がなかった唯一のメディア・カシオペアFMは
1日は夜9時まで。2日は早朝5時から夜9時まで。
休みながらも緊急放送を断続的に続けたそうです。
今分かっている被害の状況、停電のためにテレビ放送が中断していることなど
災害を少しでも減らすために、放送を続けました。

その間に100通を超えるメールが寄せられ、反応の多さに驚いたそうです。
内容は、身の回りの停電情報に加え、カシオペアFMを激励するものだったそうです。
周辺住民は、唯一のメディア・カシオペアFMでお互いを励まし合いながら、
停電の不安を吹き飛ばしていたことになります。

カシオペアFMはきのう3日から通常の放送に戻ったそうですが、
きょう、パーソナリティーも務める中村誠さんに電話で聞いたところ、
朝の放送で、リスナーからの「がんばれカシオペアFM」というメッセージを読みながら、
涙で声が出なくなってしまったそうです。

大雪の被害はとても不運なことですが、
それをきっかけにカシオペアFMは「地域の為に」という存在意義を
示すことになったのです。

その中村さんは、きょう東北電力にリスナーからのメールを持っていったそうです。
大雪の中、復旧作業をしてくれた東北電力に感謝するメールが沢山届いたので
「そのメールは、東北電力に持っていくべきだと思ったんです」と
電話で明るい声で話していました。

そんな心遣いが、地域メディアたるコミュニティーFMの心意気なのだ!
…そう思うと、胸が熱くなります。

私たちIATは、今年10月で開局15周年。
原点を見つめ直し、これから前に向かって進んでいく原動力を
カシオペアFMから、たくさんもらった気がします。

2011 年 1 月 4 日 16 時 41 分 56 秒