心のアーカイブ 伊波伴准

がんばろう岩手 小岩井にゴエふわ登場

IATの開局15周年を記念し、小岩井農牧と共同で企画する
「親子で楽しむ小岩井農場」が開かれました。
多くの人に楽しい時間を過ごしてい、頑張ろうという気持ちになることも
復興の一つなのだとおもいます。

前回の4月29日のツアーは、沿岸エリアから避難してきている親子が対象でしたが、
今回は一般募集で応募してきた親子36人が参加しました。

普段、皆さんが知っている「小岩井農場まきば園」以外にも
小岩井農場は広い敷地の中に様々な施設や自然があります。
前回のツアーでも回った「旧網張街道」や「法正林」なども回ります。

そして今回は、バター作りにも挑戦しました。

バター作り体験は通常生クリームから作るのですが、
絞りたての牛乳であれば、牛乳からバターが作れるそうです。
さすが、小岩井農場は絞りたての牛乳を使ったバター作り体験です。

絞りたての牛乳だと、牛乳の中に脂肪分が多く含まれています。
その脂肪分を固め集めるとバターになります。
バターになるまで10分以上、瓶を振る作業をするのですが、
最後は、子どもたちよりも一生懸命だったのが印象的です。

(動画koiwaibata

出来たほんのちょっとのバターは、塩味のある南部せんべいに載せて食べます。
参加者の一人の男の子が「これあげる!」と私に一口分けてくれました。
口の中でバターはすぐにとろけて、スッキリとした上品な味わいでした。
牛乳瓶1本から出来るバターの量を見て、これからはもっと大事に食べようと思いました。

そしてお昼に食べたのが、まきば園内「山麓館」の名物、オムライス(デミグラスソース)です。

ふわふわの卵を切り広げて食べるオムライス。koiwaiomu
卵のやさしい風味が口いっぱいに広がる絶品オムライス。
ああ、このオムライスを食べられるのは、とても幸せなことです。

このほか、キッズメニューには「ライオンカレー」というものもあります。
ライオンのひげがポテトフライ。
ライオンの耳がハンバーグ。

見ているだけで、幸せな気持ちになります。

このあと、小岩井農場まきば園では「ゴエティーふわふわ」が登場しました。

ゴエティーの形で空気でふくらんだ「ゴエティーふわふわ」の中は
トランポリンのように遊ぶことができます。
小学生以下の子どもたちを対象にしていて、ふわふわ前には長い行列ができました。

大勢の子どもたちが大喜びでふわふわで楽しんでいました。

子どもたちの笑顔をみると、大人も勇気づけられる気持ちになります。
このふわふわも、岩手のこれからを明るくする大きな存在だなあと実感する一日でした

2011 年 6 月 4 日 18 時 11 分 47 秒