心のアーカイブ 伊波伴准

がんばろう岩手 子どもたちの笑顔~久慈・野田

Go!Go!子育て応援宣言!!での絵本読み聞かせ活動を沿岸エリアで始めて
きょうで7、8ヵ所目となります。
今回は、久慈市と野田村を訪れました。

久慈市の中心部にある門前(もんぜん)保育園。
0歳児から6歳児まで100人を超える園児が通っています。
久慈市内は海沿いで漁業に大きな被害が出ているそうですが、
市内中心部では、以前のように生活できているところがあります。
門前保育園の皆さんに伺うと、近くの久慈川は3月11日にかなり増水したそうで
川の堤防がもしも決壊したら、津波の被害は免れなかったと話しています。

その日は、残っている園児がおよそ20人いたそうで、
高台に避難し、保護者が来るまで不安な時間を過ごしたそうです。
今では、元気な声が園の中に響いています。

今回持っていった絵本は、
よくばりすぎたねこ(さとう わきこ/作・絵)
うんこ!(サトシン/文、西村敏雄/絵)
きゃーご(宮西達也/作・絵)
となりのたぬき(せなけいこ/作・絵)
ちいさなきいろいかさ(西巻茅子/絵、森比左志/作)
の5冊。

5,6歳の大きな園児のクラスで読み聞かせをしたほか、
3,4歳の小さい園児のクラスでは、5,6歳も一緒に聞くことになり、
初めておよそ100人の園児を相手に、絵本を読みました。

続いて向かったのは、野田村


野田村役場のすぐ近くまで津波の被害があったそうです。

過去に取材で訪れたことのある集落は、ほとんど家が無くなっています。
がれきも片付けられているので、悲しいくらいに見通しがいい場所になっています。
目的地の野田村保育所があったと思われる場所は、スクラップの車が並んでいました。

現在は、旧新山保育所で61人の子どもたちが通っています。
震災直後は公民館などで可能な範囲の保育をしていたそうですが、
4月1日からは今の場所に移転。
子どもたちは保育園に通って友達と会うことをとても楽しみにしていたそうで、
保育所が元気の素になっているようです。

2ヵ所の保育園で、いずれも大爆笑だったのは「うんこ!」です。
とにかく笑顔を作るには、ナンセンス絵本。


保育士の皆さんはもちろん日々楽しい時間を過ごせるように努力していると思いますが、
たまにお邪魔する人間が、やや破天荒ですが子どもが大笑いをする絵本を読むのは
きっと許してくれると思います。

特に、野田村保育所は読み終わっても「うんこ、もう一回!」「早口言葉やって!」と
今までにないほど、いろいろなリクエストがありました。

元気過ぎるくらい元気な子どもたち。
その笑顔は、大人たちを勇気づけてくれます。
私も、大きな元気をもらうことが出来ました。

2011 年 6 月 14 日 20 時 55 分 42 秒