心のアーカイブ 伊波伴准

今年も抽選会ができる、という喜び


夏の高校野球岩手大会の組み合わせ抽選会が、盛岡市都南文化会館(キャラホール)で開かれました。
福岡高校浄法寺校が部員不足のため参加を見送ったので
参加チームは1チーム少ない73チームとなりました。

いつもの年と違うのは、練習環境が震災により大きく変わってしまった沿岸地域の学校が多いこと。
そして、抽選会の模様をIATで生中継したことです。

沿岸の学校の野球部員は、自宅が流されたり、親を亡くしたり、
高校生にとって耐え難い辛い環境の中で、野球に取り組んでいます。
練習もままならない状態なのに、がれきの撤去作業に参加するなど、
「生きる」ということに、真正面で取り組んだ球児たちです。
これは高校野球に限らず、どの沿岸の高校生にも共通していることかもしれません。

津波で何もかも失ったと絶望した生徒も多かったと思いますが、
その状況から考えると、いつもの年と変わらない抽選会を迎えただけでも
本当に沿岸エリアのがんばりには、頭が下がる思いです。
さらに内陸エリアから野球用具を送るなどして協力している野球部の存在もあるでしょう。

失われた日常から立ち上がる力が、今求められています。
高校野球のプレーは、岩手の復興を気持ちの面で支えてくれるに違いありません。

抽選会の中の説明では、今年特別に対応する内容などの説明がありました。
準決勝第1試合と決勝は、午前10時からに試合開始時刻を早め節電の要請に応えること、
日本高野連から配付される「がんばろう!日本」のシールをヘルメットに張ること、
高野連の支出が大幅に増えているため、例年発行していた招待券を取りやめ、入場料収入による協力を得たい、などです。

いつもの年と違いますが、そもそも野球の大会ができるまでの道のりを考えると
やはり感慨深くなります。
抽選会で札を引き、番号を発表する各学校のキャプテンの姿を見ているだけで
涙が出そうな思いです。

キャプテンたちが番号を引く舞台の上には、高野連の連盟旗と朝日新聞社旗がいつもより多く掲げられています。
奈良県から贈られたもので沢山の手書きのメッセージが書かれています。地域が違っても野球に対する思いは同じなのだなと感じます。

会場では、長年取材でお世話になっている指導者の方とも多くお話をすることができました。
特に沿岸部の先生たちは、かなりの負担があるはずですが、
それを感じさせない元気の良さ、明るさで、私と話をしてくれました。

選手宣誓は、盛岡一高の十良沢健二主将に決まりました。
いつもの年と違う、大きな意味のある大会です。
復興に向けた希望を感じる選手宣誓に、期待しています。

2011 年 6 月 30 日 19 時 05 分 36 秒