心のアーカイブ 伊波伴准

気仙地区に初めての「観光旅行」が

震災後、各地で復旧・復興のために全力で頑張っている人たちがいます。
その中の一つ、グリーンツーリズムを進めようという市民団体「もさばロハス倶楽部」が、
盛岡市のIGRいわて銀河鉄道の観光部門「銀河鉄道観光」と連携して、
震災後に気仙地域では初めてとなる観光客を受け入れました。

そのツアーは「東北道の駅スタンプラリーの旅」。
これまでに銀河鉄道観光が、県北部で実施していたものですが、
初めて気仙地域などの道の駅(種山ヶ原、さんりく、遠野風の丘)を回る旅を
企画しました。

関係者に伺うと、もともと地震の前から計画していた「着地型観光」のツアーでしたが、
震災後、黙って待っていても何も始まらないと
力強く、関係者らが手を携え、旅の実施を決めたそうです。
私も、取材で同行しました。

一番印象的だったのは、食事。
漁業は当分無理なんじゃないの?と思っている方も多いと思いますが、
漁は少しずつ再開しています。

この日の「スタンプラリーの旅」は陸前高田市で唯一といっていい、影響が少なかった文化施設「気仙大工左官伝承館」で昼食だったのですが、
大船渡市で採れたタコ・ワカメ・銀ザケが調理され、
タコとワカメの酢の物、銀ザケのすり身汁となって出されました。

地元の最高のおもてなし。
そして、次はいつ採れるか分からないという意味では、貴重なお膳なのです。
決して高価なものではないかもしれませんが、
どんなフルコースの食事よりも、おいしく、輝いているように感じました。

旅の受け入れをしている「もさばロハス倶楽部」でも、
まだ観光客を受けいれることに抵抗のある部分もあるそうです。
しかし、
復旧・復興に相当な時間がかかることを考えると、
今すぐ、観光客を集めなければ、地域の活性化がないと考え、
積極的に観光客誘致を進めることにしたそうです。

銀河鉄道観光が企画したこの旅にはいろいろな意味があります。
道の駅を巡ることにより、地元に少しでもお金が落ちます。
これはとても大切なことです。
さらに受け入れの人々が元気に活動することそのものにも意味があります。
また、ボランティアに行く体力はないけど、何か地元のためにしてあげたい
という静かな協力を切望している人々に対して、このようなツアーは貴重な存在です。
ツアー参加そのものも、立派な復興支援なのです。

当然、被災エリアを巡ることに関しては様々な配慮が必要ですが、
「どうぞ、いらしてください」という気持ちがある所には
内陸から、そして県内外から、多くの観光客が今だからこそ行くべきなのです。

私は、勧められて「道の駅種山ヶ原」で住田町産の鶏ハラミを買いました。
自宅に戻り、タマネギと一緒に炒めて食べました。
炒めただけのハラミは、驚くほど絶妙な味付けで、歯ごたえもばっちり。
これだって復興支援。おいしい復興支援。みなさんもどうですか?

2011 年 7 月 28 日 21 時 14 分 28 秒

他人事ではない電力不足

結果的に、これまで「電力が足りない」と言われながらも
急に停電になったり、電力不足になるようなことはありませんでした。
これもひとえに、一人ひとりや企業が節電の努力をしているからでしょうし、
少しずつ供給電力が増えているからなのかもしれません。

なんだこの分なら大丈夫、と思い始めると危険なのでは?と不安を覚えます。
震災直後はいろいろな意味でみんなの心が一つで、
一斉に協力を呼び掛けると、みんなで乗り越えようと頑張ったのですが、
時間が経つにつれ、それも大丈夫なのか不安になります。

そんな中、私自身がもう大丈夫では?と日常生活に不安を覚えなくなったころ、
一通のはがきが届きました。
計画停電のグループ分けの通知です。

はっとしました。そうだ、今は電力が足りないんだった!
日々の努力もそうですが、まだまだ「以前の日常」を
完全に取り戻すわけにはいかないのだ、と実感させられます。

協力の気持ちの強さは、ひとそれぞれだと思いますが、
それでも今はみんなで力をあわせなくては、と感じました。

2011 年 7 月 27 日 19 時 02 分 08 秒

テレビの歴史が変わった日

岩手・宮城・福島以外の地域では、テレビのアナログ放送が24日をもって終了しました。
他の地域では、いまはアナログテレビはいわゆる「砂嵐」ですが
岩手でアナログ放送をご覧の皆さんは、大きな変化を感じずにご覧になっていると思います。
岩手ではひっそりと、ですが、アナログテレビの歴史は大きく変わりました。

テレビ放送が始まって58年。
私も沢山の夢をアナログテレビからもらいました。
幼い頃は沖縄では民放が2局。そして米軍放送のテレビもザラザラの画面で見ることができました。
夏休みに地元テレビ局が取材に来た、と聞いて
周囲の友達みんなで集団でカメラが取材する様子を追いかけ回したことがあります。
結局その取材の様子が放送されるのは見られませんでしたが、
自分の住んでいる場所がテレビに!という興奮は忘れられません。

その後、アナログの衛星放送が登場。新しいチャンネルの登場です。
小学生の頃、旅行先の西表島でNHKの「レッツゴーヤング」を見た記憶があります。
中学生くらいになると、衛星放送は一般的になってきました。
その衛星もアナログ放送は7月24日に終了しました。

何となく、アナログ放送の終了は、昭和という時代が完全に過去のものになった、
という感じがして、さみしい気持ちもあります。

IATが開局した頃は、もちろんアナログ放送だけでした。
当時はハイビジョンやデジタル放送、などという単語はほとんど聞かれませんでした。
そしてIATは「ワイドクリアビジョン対応」を視野にいれた設備になっていましたが、
結局、国全体の方針で2006年にはデジタル放送(ハイビジョンの放送)に
切り替わることとなります。
ちなみに、岩手県内は震災後の特例としてアナログ放送が延長となり、
今でもアナログテレビを変わらずに見ることが可能ですが、
よく見ると、小さなことがいろいろと変わっています。

東京からの放送は、全てハイビジョンの番組だけが流れてきています。
これをアナログ放送にするには、ハイビジョンをアナログに「変換」する必要があります。
いま、アナログ放送では変換された画像・音声が放送されています。
アナログ放送をよく見ると、右上に「ウォーターマーク」と呼ばれる、デジタル放送で見られる放送局固有の字幕がついています。
本来ならデジタルだけの画面ですが、デジタルをアナログに変換しているために見ることが出来ます。
24日の全国のアナログ放送終了に合わせて、IATのアナログ画面は実は少しだけ変わったのです。

少し変わった、といえば、
朝の時間帯に出ている左上の時刻表示と、天気予報。
よく見ると、すこーしだけ、左に寄りました。

番組内の字幕との「重なり」が大幅に解消されました。
夕方の時間帯の時刻表示も、よく見るとすこーしだけ、左に寄りました。

アナログ放送は2012年の3月末までに終了しますので、
もしもまだアナログテレビという方は、ぜひ、地デジの準備をお願いします。

2011 年 7 月 26 日 19 時 04 分 00 秒

高校野球 公立校一歩及ばず

県営野球場で行われた決勝戦。
試合は序盤、両校の堅守が光りました。

3回ウラ、盛岡三高は、2番高橋拓雅がセンター前で出塁。
続く3番大崎将弥がフォアボールを選び、2アウト2塁1塁。
ここで4番佐藤心平がライトへのヒット。
2塁ランナー高橋拓雅がホームを狙いましたが、花巻東・ライト大谷翔平からの好返球でタッチアウト。

4回表、花巻東は2アウトから6番高橋翔飛のセンター前で出塁。
続く7番の松橋朝也がライトオーバーのヒット。
完全に長打コースと見たランナー高橋翔飛は一気にホームに向かいますが
盛岡三高ライトの佐藤心平からの返球はホームにかえってきて、タッチアウト。
緊迫した試合展開が続きます。

均衡が破れたのは5回表、花巻東の攻撃。
盛岡三高のエース安部隆が制球に苦しみ始めたところをとらえます。
エラーとヒット、フォアボールで2アウト満塁。
高めに浮き始めた安部の球を、4番杉田蓮人がレフト前へ運び、2点を先制。
さらに続く5番橘廉がライト線際へ運ぶツーベースタイムリー。3点目を入れます。

盛岡三高のエース安部は投球に本来の力なく、ボール先行のピッチングになってきます。
その安部を花巻東がきっちりと攻め立てます。
6回表、この回最初のバッター松橋朝也にフォアボールを与えます。
花巻東はこの松橋を2塁へ送り、9番佐々木隆貴がセンター前へきっちり打ち返して1点追加。
さらに2番大沢永貴もセンター前タイムリーをたたき出し、5対0と点差を広げます。

盛岡三高は9回表に、ヒットやエラーなどで花巻東にノーアウト満塁とされます。
しかしエース安部と野手が粘り、6番高橋翔飛、7番代打長岡輝、8番小原大樹を
それぞれ、サードフライ、セカンドフライ、センターフライに打ち取り、
ウラの攻撃へ望みを託します。

9回ウラ、盛岡三高は7番キャプテンの安部隆がデッドボールで出塁。
8番柳田航大は三振。
9番は代打の石川祐也も三振。
1番杉本亮介はセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。
花巻東が2年ぶり6回目の甲子園出場を決めました。

公立高校が17年ぶりの出場、と期待も集まりましたが、
最後は実力の差を見せつけ、花巻東が決勝を制しました。

3月の大震災直後は、夏に野球が出来るかどうかも分からない状況から、
今年、球児や周囲の人々の協力で、いつもの年と変わらない高校野球を実施することができました。
奇跡的にも感じますし、球児たちの純粋なプレーには、いつも以上に胸を打たれました。
特に沿岸地域の学校の活躍は輝いていましたし、
決勝に進出した盛岡三高も最後まであきらめない素晴らしいプレーだったと感じます。

そして、IATのスタッフは夏の岩手大会の前から様々な準備を進め、ほぼ毎日の生放送やニュースなどで多くの球児たちの思いを発信してきました。多くの関係者に取材でお世話になり、まだまだ力が足りなかった部分もあるかもしれませんが、球児たちのおかげで素晴らしい情報を伝えることができたと感じます。

次は甲子園で、花巻東の選手たちが良いプレーをしてくれることを
期待したいと思います。

2011 年 7 月 24 日 12 時 57 分 47 秒

楽しい週末!マリオスサマーフェスティバル

盛岡駅の東西の交流を目的にした「マリオスサマーフェスティバル2011」が
開かれました。

今回は、マリオス・IAT前にIATキャラクターゴエティーの「ふわふわ」(エアー遊具)が登場しました。

午後1時の開始時刻から、訪れた親子連れがひっきりなしに列を作り、
子どもたちが楽しそうにしている表情が印象的でした。

この他にも、ゴエティーの登場、盛岡さんさ踊りのPR、劇場版仮面ライダーオーズ公開記念握手会など
様々なイベントがありました。

途中、県内で震度5強を観測する地震があり、
私もゴエティーふわふわの隣で、揺れに遭遇しました。
人工地盤上なので、やや強い揺れがあり、さらに盛岡駅の窓ガラスが波打っているのも分かりました。
一時、ふわふわの使用中断もありましたが、大きな被害はなく、催し自体は続行されました。
その後のニュースでも県内に大きな被害はなく、ほっとしました。

ゴエティーふわふわが、ほのぼのと子どもたちが楽しんでいる催しだとすれば、
熱狂的なのは、やはり仮面ライダーオーズ握手会です。

材木町会場での握手会

かなり多くの方に握手会に参加してもらい、素晴らしい思い出になったと思います。

夏の催しは、まもなく「盛岡さんさ踊り」へと、雰囲気が盛り上がっていきます。
復興は元気な岩手を作るところから。
このサマーフェスティバルも、盛岡さんさ踊りも、多くの人の素晴らしい思い出になりますように。

そして、明日は夏の高校野球岩手大会決勝戦。
花巻東と盛岡三高の善戦に期待しています。

2011 年 7 月 23 日 17 時 07 分 25 秒