心のアーカイブ 伊波伴准

高校野球 1点差に泣いた夏


花巻球場の2回戦3試合の取材をしました。

第二試合はシード校大東と岩手の対戦。
試合は最後の最後、岩手の猛烈な追い上げが光りました。

9回、大東は岩手のエース大沼勇馬をとらえます。
この回先頭の千田恵太がセンター前で出塁し、続く8番佐藤大夢が内野安打。
さらに1番千葉智弘、2番伊東倫典のヒットに加え、3番の伊東太賀はスクイズを決めます。
極めつけは、4番千葉崇弘のタイムリー3ベースヒットも飛び出し、
9回表だけで4点を追加。2対2の均衡を破り6対2とします。

スタンドの空気が大東の勝ちムードが広がる中、岩手が最後に粘りました。

4番大沼勇馬が相手のエラーで出塁すると
5番佐々木拓也がセンター前、6番代打の松坂龍司もヒットで満塁に。
ここで7番藤沢矩人がフォアボールを選んで、押し出しの1点をもらいます。
そして、8番代打の古川裕太がショートフライで倒れますが、
9番山口開が、ライト前タイムリーで2点を返し、6対5。わずかに1点差。

回ってきたのは1番、キャプテンの武田啓一郎。
ここで武田は鋭い打球を打ち返しましたが、
素早く反応して手を真横に伸ばした相手ピッチャー佐藤のグラブに
ライナー性の当たりが、入ってしまいます。
これで2アウト。さらに1塁ランナーは既に離塁していたのでピッチャーが1塁に送球し
まさかのダブルプレー、試合終了に。

試合後、武田キャプテンは「まずピッチャーの勇馬がよく頑張っていた」と
チームの中心だったエースを褒め、「点数を取ってやれなくて申し訳ない」と
エースをかばいました。

シード校をあと一歩の所まで追いつめた岩手のがんばりが光る試合でした。
大東 010100045=6
岩手 101000003=5

2011 年 7 月 16 日 22 時 06 分 14 秒