心のアーカイブ 伊波伴准

高校野球 最後まで、キャプテン

試合にはプレーの上での実力はもちろん必要ですが、
時に試合の流れをどこまでつかむのか、ということが結果を左右することがあります。

花巻球場の第3試合、釜石と一関学院の対戦。
1回ウラ、一関学院は相手エラーでランナーを2人出し、
4番松田惇が、センターへの犠牲フライ。まず1点を先制します。

しかし続く2回表、釜石はヒットで出たランナーを3塁まで進めると
1番、西沢直史がレフト線へ運ぶタイムリーツーベース。
すぐに1対1に追い付きます。

さらに一関学院は2回ウラ、1番村上大之と3番阿部悠斗にタイムリーが飛び出し、
あっという間に4点を追加。5対1と、勝ち越します。

しかし、一関学院の先発嶋村拓郎がつかまります。
3回表、釜石の3番の佐々木祐にライト前に運ばれ、
続く4番、前川昭平はライトオーバーのタイムリー。
これで5対2。
なおも、2アウト2塁から、7番鈴木祐平がセンター前に運び、
前川がホームイン。5対3と詰め寄ります。

その後、一関学院は6回にも1点を追加。
6対3で迎えた、8回。

5番上野寛弥、6番代打村山勝葵、7番鈴木裕平の3連打でノーアウト満塁。
ここで、8番岩切大河のセンター前タイムリーで1点。
さらに9番佐々木慶多のセンター前タイムリーでさらに1点。
さらに、満塁から2つのデッドボールで2点。
あっという間に6対3と劣勢だったのが、7対6とひっくり返します。

このあと9回表にも7番鈴木裕平、8番岩切大河、9番佐々木慶多の3連打で
1アウト満塁という場面もありましたが、
一関学院の3人目のピッチャー沼田健人が後続を打ち取ります。

9回ウラ、6対5という1点差を追う一関学院は快音泣く、
ラストバッターはキャプテンの宮順之介君。

2アウトランナー無しという場面からのバッターであれば
いろいろな思いを込めての打席だったと思います。
しかし最後はセンターフライでゲームセット。
球場の中は釜石の押せ押せムードの中、一塁側は歓喜に湧き、
バッターだった宮君は、1塁ベースでうずくまり、しばらく動けませんでした。

強豪校を苦しめた釜石の粘りが光ったのはもちろんですが、
一関学院も最後まであきらめずに全力プレーだったと感じました。

試合後、一関学院ナインはベンチで泣き崩れました。
しばらく、誰も声をかけられないくらい、泣いていました。

15分ほど経って、宮君がインタビューに答えてくれました。
「最後まであきらめないでって、頑張りました」と
涙をこらえて気丈に答えていました。
しかし、最後の打席のことを聞くと「今年は本当にいろんな事があって・・・」
と、こらえていた涙がこぼれ始めました。

2年連続の甲子園を目指し、そして去年甲子園で達成できなかった一勝のために…
様々な思いがあったはずです。
この純粋な気持ちに触れると、本当に素晴らしい心だと感じるのです。

インタビューする前、ベンチで泣き崩れるメンバーに、そして控えのメンバーに
宮君は一人ひとり回って「ありがとうな」と声をかけていました。
自分だって泣きたいのに、涙をこらえて一人ひとりに「ありがとうな」と声をかけていました。

最後までキャプテンらしく頑張った宮君と、一関学院に
素晴らしい試合を見せてくれて、本当にありがとう、と思いました。

一関学院の応援団と選手(試合後)

釜石        012000040=7
一関学院140001000=6

2011 年 7 月 18 日 19 時 55 分 49 秒