心のアーカイブ 伊波伴准

高校野球 公立校一歩及ばず

県営野球場で行われた決勝戦。
試合は序盤、両校の堅守が光りました。

3回ウラ、盛岡三高は、2番高橋拓雅がセンター前で出塁。
続く3番大崎将弥がフォアボールを選び、2アウト2塁1塁。
ここで4番佐藤心平がライトへのヒット。
2塁ランナー高橋拓雅がホームを狙いましたが、花巻東・ライト大谷翔平からの好返球でタッチアウト。

4回表、花巻東は2アウトから6番高橋翔飛のセンター前で出塁。
続く7番の松橋朝也がライトオーバーのヒット。
完全に長打コースと見たランナー高橋翔飛は一気にホームに向かいますが
盛岡三高ライトの佐藤心平からの返球はホームにかえってきて、タッチアウト。
緊迫した試合展開が続きます。

均衡が破れたのは5回表、花巻東の攻撃。
盛岡三高のエース安部隆が制球に苦しみ始めたところをとらえます。
エラーとヒット、フォアボールで2アウト満塁。
高めに浮き始めた安部の球を、4番杉田蓮人がレフト前へ運び、2点を先制。
さらに続く5番橘廉がライト線際へ運ぶツーベースタイムリー。3点目を入れます。

盛岡三高のエース安部は投球に本来の力なく、ボール先行のピッチングになってきます。
その安部を花巻東がきっちりと攻め立てます。
6回表、この回最初のバッター松橋朝也にフォアボールを与えます。
花巻東はこの松橋を2塁へ送り、9番佐々木隆貴がセンター前へきっちり打ち返して1点追加。
さらに2番大沢永貴もセンター前タイムリーをたたき出し、5対0と点差を広げます。

盛岡三高は9回表に、ヒットやエラーなどで花巻東にノーアウト満塁とされます。
しかしエース安部と野手が粘り、6番高橋翔飛、7番代打長岡輝、8番小原大樹を
それぞれ、サードフライ、セカンドフライ、センターフライに打ち取り、
ウラの攻撃へ望みを託します。

9回ウラ、盛岡三高は7番キャプテンの安部隆がデッドボールで出塁。
8番柳田航大は三振。
9番は代打の石川祐也も三振。
1番杉本亮介はセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。
花巻東が2年ぶり6回目の甲子園出場を決めました。

公立高校が17年ぶりの出場、と期待も集まりましたが、
最後は実力の差を見せつけ、花巻東が決勝を制しました。

3月の大震災直後は、夏に野球が出来るかどうかも分からない状況から、
今年、球児や周囲の人々の協力で、いつもの年と変わらない高校野球を実施することができました。
奇跡的にも感じますし、球児たちの純粋なプレーには、いつも以上に胸を打たれました。
特に沿岸地域の学校の活躍は輝いていましたし、
決勝に進出した盛岡三高も最後まであきらめない素晴らしいプレーだったと感じます。

そして、IATのスタッフは夏の岩手大会の前から様々な準備を進め、ほぼ毎日の生放送やニュースなどで多くの球児たちの思いを発信してきました。多くの関係者に取材でお世話になり、まだまだ力が足りなかった部分もあるかもしれませんが、球児たちのおかげで素晴らしい情報を伝えることができたと感じます。

次は甲子園で、花巻東の選手たちが良いプレーをしてくれることを
期待したいと思います。

2011 年 7 月 24 日 12 時 57 分 47 秒