心のアーカイブ 伊波伴准

沖縄のレンタカー

お盆期間に実家のある沖縄本島に帰省しました。
学生の頃は帰省のたびに家族に迎えに来てもらったり、路線バスを利用したりして
実家に戻っていたのですが、
今ではほとんどレンタカーを借りて用事を済ませることにしています。
毎回、いろいろなレンタカー会社を利用していますが、今回はなるほど、と思うことがいろいろありました。

事前にレンタカーを予約すると、ほとんどが那覇空港の周辺の営業所から借り、同じ営業所に返すことになります。
到着すると、レンタカー会社の各営業所行きのバスが運行されていて、
その乗り場はいつも込みあっています。
営業所は、以前であれば那覇市内の中心部に近いところが多かったのですが、
今は空港のそばや、南隣の豊見城市内というところも増えてきています。

今回利用したのは沖縄の旅行代理店の関連会社が運営するレンタカー会社です。
そこで感心したのは、営業所まで移動するバスの中で上映されるビデオです。

これまで他の会社を利用した時は、交通安全の呼び掛けと任意加入保険の仕組み、万一の事故の際の対処、など事務的な部分を説明したビデオが多くありました。
今回利用したDVDは、ドラマ仕立て。
女性2人組が沖縄旅行に来た、とう想定のストーリーで、
まずはじめに「私、自分の車以外に運転したことないし、運転って時々しかしないし…」
すると「こんな方にも安心!営業所には運転シミュレーターがあって、沖縄での運転を事前に体験することができます。」
運転シミュレーター!?
最近のレンタカー会社は、こんなものまで備えているんだ、と驚かされます。
実際に、手続きをする営業所に、ありました。どちらかというと子どもたちが興味津々でした。

そして説明DVDは物語が進みます。
「それでは、沖縄のレンタカー事故の特徴を見てみましょう」…地理に不案内という以外で事故の特徴なんてあるのだろうか?と思いましたが、なるほどと思う項目ばかりです。
観光名所に行くため、カーナビゲーションを注視するあまり、よそ見運転で接触事故。
沖縄ならではの海の風景などに見とれてしまう、よそ見運転。
沖縄特有の”予測できない渋滞”の発生で、車を返す時間に余裕がなくなり、焦って接触事故。
那覇市内に多い、時間帯によって設定が変わるバス専用レーンの交通違反、加えて時間帯によって中央線が変わる道路でのトラブル。
沖縄自動車道は、常に80キロの速度規制があるために、スピード違反。

このような項目は確かになるほどと思うものばかり。
それを一つひとつドラマ仕立てで説明をしていき、大変わかりやすく伝わってくるのです。

例えば、渋滞編だと、丁寧にお土産選びで悩むシーンから始まり、
慌てて車に乗り込み、渋滞にはまっていきます。
「もう、ぜんぜん車、進まないじゃなーい」
「あんたがお土産品を選ぶのに時間かかったから、もう車返す時間じゃなーい」
「なによう」
「さっさと選んでいればこんなことにならなかったでしょ!」
「なにそれ!」
「あ、あぶない!」→画面が白くなり、音だけ「キキーッ!ガシャン!(何かぶつかるような音)」
「・・・こんな事にならないよう、十分ゆとりをもって移動しましょう」
という具合です。

そして、他の会社で説明する任意保険などの説明は「詳しくは係員にご相談下さい」とさらっとした説明で終了。
バスに乗っているレンタカー利用者を飽きさせない工夫があるDVDを見て
とにかく感心しきりでした。

それ以外にもレンタカーを利用すると観光地ならではの光景がいろいろあります。

豊見城市豊崎地区にあるレンタカー会社の営業所に行くと、
周辺にいくつかのレンタカー会社が集まっています。
私が利用した会社は隣がガソリンスタンド。車は「満タン返し」が基本ですので、
なるほど、これで「ガソリン入れ忘れました」ということはないでしょう。

また、レンタカーを借りてみると、携帯電話でよく見る乗り換え案内サイトが作った
新しいカーナビ端末が付けられていました。
係の人は「いろいろ使ってみて、アンケートにもご協力を」とのことでした。
観光地ターゲットにいろいろな売り込み方法があるんだなあ、と感心して車に乗ると、
純正ナビと、新しいナビとで2つのカーナビが付いた車でした。
2つのナビをどちらも使いこなす人はいるのかしら???とても不思議に感じました。

それ以外にも、レンタカー会社からクーポンが沢山ついているガイドブックも渡されました。
観光地ならではの販売促進があふれていると感じました。

2011 年 8 月 12 日 17 時 40 分 19 秒