心のアーカイブ 伊波伴准

人形浄瑠璃文楽の世界

岩手県民会館で開かれた「文楽」公演に行ってきました。
舞台において人間の感情表現は、
必ずしも全てを声や音楽で出すことではない、と感じました。

人形浄瑠璃は、物語の説明をする「太夫(たゆう)」と三味線とで音の部分が構成され、
舞台には人形が登場します。
人形は3人の人が操っていますが、そのうち2人は黒子、1人は顔を出しています。

始まって驚いたのが、顔を出している人もいるのに、人形も舞台にいるという状況です。
全員が黒子であれば人形だけが浮き出て見えると思いますが、
操る技を持つ人は、技と顔の両方を楽しむのが作法のようです。

そしてセリフを話す「太夫」。慣れるまで内容を把握しづらいのですが、
よく聞いてみると、ハッキリ言葉を話すところもあれば、
女性のセリフになると、着物を着た「太夫」さんが声を高くして話す場面もあります。

会場内で販売されていたパンフレットを見ると、
その太夫が話す台本(床本・ゆかほん)が掲載されていて、
これと比べながら太夫をみると、物語の流れがハッキリとしてきます。

今回見たのは「団子売(だんごうり)」と「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」の2演目。
団子売は、にぎやかな雰囲気が伝わり、面白いという感じです。

一方の摂州合邦辻は、長い演目でしたが、特に終盤に物語で動く感情が
伝わってくる舞台でした。
物語が非常に複雑で、舞台前に解説をしてから開始するのですが
複雑な物語も相まって、感情の動きの表現は素晴らしいものだったと感じます。

長い時間見ていると、次第に人形だけの動きだけが見えるような気になり、
さらに、人形がなんだか生きているような動きに見えてくるのです。
さらに太夫のせりふ回しと三味線の音が合わさった表現が
だんだんと心に響いてきます。

決して沢山の声色を使い分けているわけでもなく、
三味線も、緩急はあるものの音色としては基本的に一つ。
この限られた環境の中で紡ぎ出す音やセリフ、なのに
だんだんと表現の幅が広がっていくように感じていくのです。

必ずしも全ての言葉が明瞭に聞こえるわけでもありませんが、
物語の流れ、うねり・・・
特に最後は登場人物が娘を刺してしまう場面で
怒りや悲しみなどの感情が、細やかに表現されているなと感じました。

チャンスがあれば、皆さんも「文楽」に触れてみてください。

2011 年 9 月 28 日 11 時 50 分 16 秒

台風一過

昨夜(9/21)は、午後10時過ぎあたりから猛烈な風が盛岡でも吹きました。
寝ようにも、外から空を切るような暴風の音がしたために
落ち着いた気持ちになれないほどでした。

夜が明けると、時折朝日も差し込むほどに、天気は良くなりました。
ただ、北上川は増水したまま。
いつも見える河川敷はすべて濁流にのまれて見えません。<moriokasinai
木々の頭がすこし見えるだけです。

護岸を見てみると、一番上まで水につかったと思われる線から
水面は少しだけ下がっていました。

駅の中を通ると、きのう見た寝台列車と思われる車両が
まだ盛岡駅に停車していました。

台風が襲来すること自体はどうしようもありませんが
災害を小さくしたり、防いだりすることは、それぞれの対策でできる範囲もあります。
まだまだ、防災意識は持ち続けなければならない期間が続きそうです。

2011 年 9 月 22 日 11 時 17 分 52 秒

台風接近

岩手県内にも、雨と風の影響が出始めています。
台風15号の接近で、特に近畿や東海では影響が深刻でとても心配です。
さらに、この台風が北上すれば、岩手県内の特に沿岸部への影響が心配です。

けさ、盛岡市内では、あちこちで河川の増水が見られました。


まだ深刻な状況とまではいきませんが、普段見える遊歩道が見えないほど
水位が上がっていて、心配です。

盛岡駅を通ってみると、いつもは見られない列車が停車中。

おそらく、東京方面を目指す寝台列車が、この先の運転見合わせのために
先に進めなかったと思われます。
普段いない寝台列車が午後になっても盛岡駅に止まっている光景は
台風の影響の深刻さを実感させられます。

この後、大きな被害が出ないことを願うばかりです。

2011 年 9 月 21 日 18 時 05 分 49 秒

親子で楽しむ小岩井農場、秋。

岩手朝日テレビ開局15周年、小岩井農場創立120周年を記念した
「親子で楽しむ小岩井農場」が開催されました。
今回は15組の親子が参加。小岩井農場の魅力を実感しました。

今回も、6月に実施されたツアーとほぼ同じ内容です。
小岩井農場の始まりとなった旧網張街道や、上丸牛舎、法正林など、
普段は入れない小岩井農場のポイントを回ります。
いずれも、通常はプレミアムツアーとして回っているコースですが、
ここに、オリジナルの紙芝居で小岩井農場の始まりや魅力について説明していきます。

今回は、畑山アナウンサーと共に、回りました。

それにしても、凄いなと思うのは天然冷蔵庫。
1905(明治38)年に完成し、使われていた冷蔵庫。
山をくりぬいて作ったような作りなのですが、冷やすのに電気は一切使われていません。


地下のような場所にあるので、6畳、5畳、3畳の3つの部屋の温度はほぼ一定で15度程度だそうです。
その昔は冬場に沼に張った氷を持ち込んだこともあるそうです。
6月に回っても、今回9月に回っても、ひんやりとした感覚は同じです。
明治時代から、同じ敷地にある製乳所で作られたバターなどを保管していたそうです。

しかも、1976(昭和51)年まで使われていたそうです。
大切に使い続けることで、昔の技術を見て実感することができるのは素晴らしいこと。
そして残してきた小岩井農場の姿勢は素晴らしいなと改めて思います。
入口の看板には「これからも大切に保存していきます」と表記されていました。

岩手の魅力はまだまだ沢山。
そして、県外の人には復興支援の観点からも岩手にぜひ来てもらい、
被災エリアも、観光施設も、世界遺産も周り、学んでもらいたいなと思います。

2011 年 9 月 17 日 17 時 28 分 53 秒

子どもたちの笑顔~大槌町(みどり・大ヶ口)

Go!Go!子育て応援宣言!!での絵本読み聞かせ活動で2度目となる大槌町を訪れました。
天気が良く、この時期にしては暑い中で、みどり幼稚園と、大ヶ口保育園にお邪魔しました。


大槌町にあるみどり幼稚園は、園舎が津波被害を受けました。
3月11日の地震発生直後は、ちょうど園児をバスに乗せて帰すというタイミングだったそうです。
バスに園児を乗せ、すぐ近くの高台にある大槌高校に避難。そこから3~4日は大槌高校で過ごしたそうです。

その後、4月27日に大槌高校のセミナーハウスで園を再開。
子どもたちは地震直後に若干興奮した状態が続いていたそうですが、
園が再開した4月ごろは、落ち着きを取り戻していたそうです。
ただ、中には時間が経ってから音に敏感になったり、お風呂に入れなかったりなどの
ストレス反応があったそうです。
今後も、いつそのような反応がでるのか注意深く見守りたい、と関係者から話を聞くと、
子どもたちが震災を乗り越えるには、時間と周囲の人々の協力が必要なのだと感じます。

さらに、2階の床から140cmまで浸水を受けた園舎は
清掃をしたあと、大槌町の今後の計画が決まるのを待っている状態です。
園そのものを立て直すにも、計画が決まらなければ動き出せず、
さらに、同じ場所に立て直す場合は国の補助が2分の1出るそうですが、移転新築は対象外だそうです。

大槌高校のセミナーハウスは、幼稚園としては若干狭い感じがします。
一番広い部屋に、子どもたちおよそ50人が集まってくれました。

今回、持っていった絵本は、
だるまさんの(かがくいひろし /さく)
へんしんトンネル(あきやまただし 作・絵)
まどからおくりもの(五味太郎/作・絵)
キャベツくん(長新太 文・絵)
よきばりすぎたねこ(さとうわきこ/作・絵)
の5冊。
どの本も、読み始めると子どもたちは息をのんだように静かに絵に見入ってきます。
ものすごく集中しています。
そして、いろいろたずねてみると元気な声で反応が返ってきます。


特に、今回初めて読んだ「へんしんトンネル」は、いわゆるナンセンス絵本の部類です。
トンネルを通ると、全部ことばがひっくり返って出てくるという面白い絵本です。
ぶーちゃんは、ちゃんぶーになって出てきます。
・・・ひっくり返っているわけでもありませんが、楽しい絵本です。

続いて訪れた大ヶ口保育園は、海岸は見えない場所にあります。
しかし、地区のすぐ近くまで津波の浸水被害があり、ぎりぎり浸水は免れたそうです。

ここでも、5冊の絵本を読みました。


みんなでお揃いの体操着を着ていて、ここでも絵本にぐっとせまってくるような集中力で話を聞いてくれます。
訪れたのが午後だったため、3~5歳児のクラスは寝起きです。
お昼寝から目覚めてすぐの読み聞かせだったのですが、しっかり聞いてくれてうれしくなりました。
途中から、2歳児以下のクラスの園児も何人か加わって、しっかり聞いてくれました。

終わる頃には汗だくになるほどの暑い中の大槌の読み聞かせとなりました。


震災から半年。子どもたちが心から笑えているのか、本当に笑える日がいつ来るのか、
絵本の読み聞かせは、まだまだ続きます。

2011 年 9 月 15 日 20 時 30 分 17 秒