心のアーカイブ 伊波伴准

焦り

台風12号が西日本に上陸の予報が出ています。
このあと、北上して日本海に進み、日本列島全域に大きな影響がありそうです。
実際に、大雨のために道路の通行止めや鉄道の運休・遅れなどもあり、
大変な目に遭っている方も多いと思います。

盛岡でもおとといの夜、一時的に激しい雨と風があって驚きましたし、
きょうも日中は強い雨が降ったりやんだりを繰り返し、
台風の接近を感じるような天気でした。

人間がコントロールできない台風災害は、
とにかく影響を小さくする対策をできる範囲で取るしかありません。

高波・高潮に関して言えば、
3月の震災で被害の出て、地盤沈下もあった沿岸地域が特に心配です。

台風がもしも直撃すれば、地域住民は仮設住宅で不安を抱えることになりますし
復旧・復興作業にも支障がある可能性は大いにあります。
復興を目的とした催しも、延期などを余儀なくされたところが出ています。

ただ、ただ、焦るばかりです。

日常の生活でも台風襲来はとても不安なことなのに、
今は、痛手を受けている沿岸地域は、やるせない不安に駆られるのです。
個人の力では何もできませんが、台風襲来はとにかく影響がないことを祈るのみ。

きょう組閣がありましたが、新しい内閣には
被災地に安心を与える動きをしてもらいたいと、心から思います。

2011 年 9 月 2 日 18 時 30 分 40 秒