心のアーカイブ 伊波伴准

もしも、”絶対”があるとすれば

100%で成功すること…
10代の頃は”必ず””絶対に”やってやる!とよく心の中で誓うことがありました。
学校生活や、アルバイト、試験、いろいろな場面で「絶対に」と。

社会人として歩み始め15年目。なかなか100%で完成・完遂することは、まずありません。
例えば、
より多くの人が納得したり、面白いと感じることを作り出すことは本当に難しいことですし、
ましてや全員が納得することも、全員が面白いということも、なかなかありません。

絶対なんて、ありえない。それがだんだんと当たり前になってきました。
今年3月11日に、岩手そして日本は、想像を絶する体験をしました。

私はこれまでの経験をすべて動員して、3月11日の直後に災害報道に関わりました。
震災後に出来ることは限られていますが、
すこし落ち着いた4月からは沿岸地域の読み聞かせを開始し、
それを継続することを、今後のライフワークにしたいと感じています。

この半年、様々な個人や組織が心を一つに、困難を乗り越えようと活動をしています。
長い道のりですし、すぐに解決しないことばかりです。

しかし、改めて半年を振り返り思うのです。
絶対に、忘れてはならない、
絶対に、あきらめてはいけない、
絶対に、災害には負けない、と思うのです。

私の周囲の人たちを見渡しても
岩手県外の方たちから、たくさん、たくさん、助けてもらいました。

震災からまもなく半年。まだまだ足りないことばかりという気もします。

しかし、もしも、”絶対”があるとすれば、
日本は国全体が一つになって
絶対に困難を乗り越えることができるはずです。

私自身も含めて、そう心に誓うことが今一番大切なのだと感じます。

2011 年 9 月 9 日 20 時 45 分 58 秒