心のアーカイブ 伊波伴准

「59.92%」

「59.92%」

岩手のこれからを左右する選挙の一つ、岩手県知事選がありました。
結果、現職が再選。
次点候補との差は27万5000票余り。大差がつきました。

津波被害を受けた沿岸地域の再生・復興はもちろんですが、
内陸の地震被害、雇用、教育、
さらに、これまでの県政課題ももちろん解決する必要があります。
一層の県政推進を、沿岸中心に進める必要があるのは、言うまでもありません。

それにしても。投票率の低さが際だちました。
今回の知事選挙の投票率は59.92%。前回よりも8.61ポイント下がっています。

また、沿岸地域では投票率が比較的高いのに比べ、内陸はやや低くなる傾向があります。
盛岡市は51.01%。県平均以下、そしておよそ半分しか投票していません。
おとなりの矢巾町に至ってはは48.07%。どうしてこのような低い結果だったのでしょうか。
一方、陸前高田市は、77.79%。選挙で民意を反映させたいという気持ちでしょうか。
内陸と沿岸には、見えない「差」が沢山あるような気がします。
開票結果

達増拓也 438,975
高橋博之 163,397
鈴木露道 25,240
芦名鉄雄 15,567

2011 年 9 月 12 日 18 時 46 分 38 秒