心のアーカイブ 伊波伴准

子どもたちの笑顔~陸前高田市(高田保育所・米崎保育園)

沿岸地域での読み聞かせで、陸前高田市を訪れました。読み聞かせ活動でお邪魔するのは初めてです。

高田保育所のあった場所

陸前高田市立高田保育所は、3月11日の震災で津波の影響を受け、建物が全壊しました。
全壊というよりも、津波で全て流出したのです。
地震で建物が崩れることも辛いことですが、全てが波に飲み込まれるのもとても辛いことです。

園長先生に話を聞くと、まさか保育所まで津波がくるとは想像もしていなかったとのことで、
3月11日は、津波をみて大急ぎで園児と職員を高台に避難させたそうです。
最後に自分の目で全ての部屋に子どもたちがいないかを確認し、
大丈夫、と思ったところで津波とがれきが迫ってきたそうです。
道路に出て走ったところで、高田小学校の子どもたちと一緒になり必死に走り、
それでも、自分より前に園児と職員が全て逃げているのを見て
「ああ、少なくとも子どもたちは助かった」と思ったそうです。

職員はその後、市役所や避難所で市職員としての仕事を果たし、
しばらくしてから、子どもたちを公園で預かる青空保育を始めたそうです。

辛い思いを抱えながら、4月15日に旧米崎保育園の園舎を使って保育を再開。
現在は100人の子どもたちが通っています。

 

お邪魔した園舎は確かに古く、十分な広さではないかもしれませんが、
その中を職員は一生懸命にかけまわり、子どもたちは想像以上に元気でした。

そして、今回の読み聞かせは森永製菓・森永エンゼル財団の協力で、
子どもたち一人ひとりに絵本とお菓子のプレゼントがありました。
絵本は、森永製菓創業100年を記念した「森の絵本」(長田弘/文、荒井良二/画)という本です。

読み聞かせには、その「森の絵本」、
「うんちっち」(ステファニーブレイク/作、ふしみみさを/訳)
「よくばりすぎたねこ」(さとうわきこ/作・絵)
を選びました。

2歳児から5歳児まで、およそ90人に読み聞かせをしましたが、
最後までしっかりと絵本に集中し、楽しんでもらえたようでした。

通っている半数の子どもたちが仮設住宅から。
職員の皆さんも苦しさや迷いとの葛藤の中、日々を過ごしているそうですが、
少しでも、楽しい時間にしてもらいたいという一心です。
細かい理屈はともかく、「うんちっち」ではみんな笑顔で大笑い。
これからもっと笑顔が増えるといいなと思います。

次に訪れたのは、米崎保育園。
旧園舎は高田保育所を使っていて、道を挟んで向かいに新築移転しています。
震災後に急いで建築後の点検を受けて4月15日から保育を再開しました。
並んで保育所があるので朝の送り時間は保護者の車で混雑しますが、
2園が協力して子どもたちの安全を守っている姿が印象的でした。

 

米崎保育園では2歳児から4歳児、およそ60人への読み聞かせ。
きれいなおゆうぎ室に集まり、「森の絵本」のほか、「たまごのあかちゃん」(神沢利子/さく、柳生弦一郎/え)などを読みました。


もちろん、「うんちっち」では大爆笑。人気が高く復刻再版された理由も分かります。

ここでも、森永エンゼル財団から絵本とお菓子がプレゼントされ、
子どもたちは大喜びでした。
最後に絵本とお菓子お礼に、と歌を歌ってくれました。
小さい子どもたちから歌のプレゼントというのは、
目頭が熱くなるような、心を動かされるようなうれしさがあります。

米崎保育園の子どもたちもとても元気に見えますが、
園児の3分の1、職員の半分は仮設住宅から通っているそうです。
今後の生活に不安を抱えながら、保育士の皆さんも、子どもたちもふんばっているのかなと感じます。

陸前高田市は、町の中心部をほぼ津波で失いました。
仮に家を建て直すにしても、同じ場所に建てて良いのか、まだ明確ではありません。
被害の大きさと比例し、身近な人を失ってしまったという人も多くいます。
明日に向かって進むということは容易なことではありません。

でも、前に進まなければならないのです。

5年、10年経つと、子どもたちも復興の重要な役割がでてくることでしょう。
そのためにも、いま楽しい時間、生きる喜びを感じてもらうことが重要で、
そのためにも、私にもできることが何かあるはずです。

2011 年 11 月 28 日 19 時 11 分 43 秒