心のアーカイブ 伊波伴准

迎え入れる気持ち

JR東日本などが中心となって岩手を展開する、
岩手デスティネーション(DC)キャンペーンが始まっています。

震災復興の大きな役割を果たすことも期待されているこの観光キャンペーンで
大型連休中も多くの方が桜を見たり、観光地を回ったりすると思います。
ぜひ、多くの人に岩手の今を見てもらいたいと感じます。

4月になってから、駅の雰囲気がずいぶん変わりました。
駅ビルには、大きな横断幕。

そして細やかに設置された垂れ幕(タペストリー)。

さらに、わんこきょうだい・・・。

そして、IATの畑山アナウンサーも今回のDCのポスターに登場しています。


盛岡駅にも掲示されていますが、首都圏でもきっと掲示されているはず。機会があれば確認したいものです。

そして、盛岡駅近くの地下街にも、おもてなしを考えた張り紙がありました。

観光客が多く訪れるであろう大型連休を前に、
普段ここを通らない人にとってわかりにくい地下通路に
より詳しい出口の案内の張り紙がありました。

どこかの団体が予算を確保して作った、というよりは、
管理や清掃などの担当者が、よりよくしようと考えて作ったという感じです。

組織的に「おもてなし」を表現する方法も大切ですし、
このような小さなアイデアから、心が伝わることも大切だな、と感じました。

2012 年 4 月 28 日 11 時 49 分 00 秒

石割桜、ほころぶ

県庁のおとなり、盛岡地方裁判所の入口にある石割桜は
多くの見物客が出入りする時期になりました。

盛岡地方気象台が桜の開花を発表したため
訪れる市民や観光客は、石割桜も気にかかります。

近寄ると、つぼみがふくらみ、もうすこしという感じです。

そして、みてみると、


少しだけつぼみがほころんでいるところがあります。
私が通りかかった時間も、テレビカメラの姿が。
(念のため、IATのカメラの取材は終わったあと、の時間帯です。)

よく見てみると、数輪、ほころんでいる・・・ように見えます。

開花、とは言い難い状況ですが、
あと数日で石割桜も開花です。

サクラサク。ようやく本格的な春到来です。

2012 年 4 月 24 日 19 時 04 分 54 秒

ばんざい、の手

うれしい時、誰かをみんなで送り出すとき、
ばんざーい、と声をそろえて手を上げると思います。

この時の「手の方向」について、なるほど、という話を聞きました。

小さな話で恐縮です。

ばんざいをする人を見ると、手を上げたとき、手のひらが見えるのが
一般的なばんざいだと思います。

やあ、こんにちは、を両手でやるような方向で
手のひらを相手に向けて、ばんざい。

所が、ある会合でばんざい、という時に、音頭を取った方が言いました。
「手は、手のひらを相手に向けずに、気をつけのまま、手をそのまま上に」
・・・そのまま上?
すると、手をばんざーい、と上げた瞬間、手のひらはお互い手のひら同士が向き合うようになります。

理由は「手のひらを相手に見せるばんざいは、負けたばんざいだから。」・・・そう「お手上げ」のポーズです。

なるほど、縁起良く誰かを送り出す時は、手のひらを向けないばんざいが良いようです。
確かに、選挙が終わったときのばんざい、でも過去にそのようなものを見たことがあります。
細かいことも「いわれ」を聞くとなるほど、と思うことがあります。

2012 年 4 月 17 日 19 時 57 分 18 秒

アニメ映画も

アニメ映画は大人になると見る機会が人によっては減ることもあると思いますが、
見てみると、しっかりとしたストーリーに感動することも多くあります。

今年20周年を迎えた「クレヨンしんちゃん」では、物語に「契約書」が出てきます。
「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」では、
宇宙契約書、が出てくるのです。

物語のとっかかりはいつも驚くものばかりのクレヨンしんちゃん。
今回は、しんちゃんの妹、ひまわりが「姫」にならないと、ある星が消滅してしまう
という設定です。
このために、宇宙契約書にサインをして、物語が大きく展開していきます。

親子でも楽しめますが、大人でも楽しめる映画です。それにしても、契約書・・・。

今回は20周年なので、一番すきなしんちゃんの映画投票があるそうで、
・・・その名前も「バカデミー賞2012」という名前になるそうですが、
1位の映画は動画の無料配信もあるそうです。

私は去年の「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」が、最後、花嫁はだれなんだろう?という
秘密にする具合が良かったと思いますし、
「雲黒斎の野望」が、子どもの喜ぶ度合いも考えて、大好きです。

いろいろなアニメ映画、ゆっくり見る時間をこれからも作って行ければなあと感じます。

2012 年 4 月 16 日 19 時 51 分 33 秒

グルージャ盛岡 新体制でスタート

盛岡市内のホテルで、グルージャ盛岡のキックオフパーティーがありました。

グルージャ盛岡、といえばサッカー・東北社会人リーグ1部にあり
毎年のように1位をとり、JFLまであと一歩、というところまで成長してきたチームです。

今シーズンこそは、まずリーグで優勝、そしてJFLへと期待が高まっています。
岩泉町出身の鳴尾直軌氏を新監督を迎えたほか、
新たに太田亮コーチ(金ケ崎町出身)、
さらに以前は選手としてプレーしていた中田洋介氏がアンバサダーに就任。
アンバサダーとは、クラブの営業活動・広報活動をしていく役割です。
新しいキャプテンは8番の松田賢太選手(大船渡市出身)が就きます。

新加入は、これまでで最多の16人。
既存の選手よりも年齢の若い新戦力に、期待が集まります。

この会場で選手たちを見ていると、まだあどけなさの残る若い選手も沢山いますが、
なんだか、力がみなぎっているような印象を受けます。
今年こそJFLだ、という気持ちの高まりが要因かもしれません。

岩手に、東北に、明るい話題を送るためにもグルージャの活躍に期待です。

 

追記:ゴエティーのひとりごと、のブログの更新時刻。

みなさん、お気づきでした?

2012 年 4 月 14 日 19 時 13 分 50 秒