心のアーカイブ 伊波伴准

あっという間に姿を変える街

5年以上前に、浅草に友人が住んでいたことがあります。
その友人を訪ねていった時には、浅草の名所を回ろうという話になり、
浅草寺やアサヒビールの本社(屋根に巨大な泡のオブジェ)、水上バスなどを
見たり楽しんだりしました。

今、浅草エリアは急激に変わっています。
東京スカイツリーの開業です。

仕事で東京に行く用事があったので、
まずその目で見なければと、地下鉄を乗り継いで行ってみました。
駅の中で路線表を見てみると、駅名も「押上」(おしあげ)だけではなく
”スカイツリー”の名前も併記されています。

一度、工事中にも行ったことがあるのですが、
比べものにならないほど、今はどこも人だらけ。

完成したスカイツリーは、本当に真上を見上げないといけないほどの大きさです。
そのスカイツリーに向かって、ほとんどのひとが携帯やカメラを向けて撮影しています。そしてほぼ同じように「写真に入らない、どうしよう」。

スカイツリーは予約をしないと今は入れないので、
その根元にある商業施設「ソラマチ」を見ようと思ったのですが、
驚くほどの混雑だったので、今回はあきらめることにしました。
岩手の「ぴょんぴょん舎」も出店しているのですが、
落ち着いた頃にもう一度訪ねよう、と決めました。

タワーを建てただけではなく、駅名や路線名も変更し
さらに商業施設でしっかり集客できている、というのは
本当に勉強になります。
新しいバスターミナルや、新しいバス路線もできているようですし、
地元の商店街のがんばりも全国ニュースで伝えられている通りです。
スカイツリーという都心部の再開発は、様々な人たちの関わり方は違いますが
元気に前向きにいこう、という志の固まりなのだと感じます。

もう一つ驚いたことは、私が学生時代を過ごした街にもありました。
学生時代に、東急田園都市線のたまプラーザ駅を利用していたのですが、
このたまプラーザ駅が、一体ここは何という街だろう!?というくらい
変貌を遂げていたのです。

東急沿線は、電車を開通させ、関連する都市開発を一体的に鉄道会社が進めている地域です。
私が学生時代でも、すでにたまプラーザ駅は落ち着いた雰囲気の街として人気がありましたが、
今はまたその雰囲気が変わっています。

まず、比較的シンプルだった駅舎は見る影もなく、
大きな駅ビルが建っています。
改札口も南北に分かれ、見上げると沢山の生活雑貨や飲食店が建ち並んでいます。

駅の周辺は平面駐車場でしたが、ほぼ新しいビルが建っています。

道路の向かいにあったショッピングセンターも名前が変わっていました。
学生時代にアルバイトをしていた建物の名前が変わっているのは、ややショックでした。

さらに、学生時代にアルバイトをしていたケーブルテレビが、無くなっていたのです。
なにか、新しい建物を建設中…。


あのケーブルテレビは一体どこへ行ってしまったの!?と大きなショックを受けました。
インターネットで調べると、本社は東京へ、設備は市が尾という場所へ引っ越しているようだ、
ということが分かりました。

駅をぐるっと回ってみると、オープンカフェがあちこちにできていて、
私が知っている駅前はどこにもありませんでした。

もう15年以上前のことですので、無理もないですが、
それにしても、都市開発をきっちりしているな、と感じます。
これで駅周辺の注目度や、人気も高くなっているはずです。

そういえば、学生時代に渋谷駅前にあった東急文化会館があった場所も
今年「渋谷ヒカリエ」として生まれ変わりました。

首都圏にくると、街の開発や情報の”スピード”を目で見て実感することばかりです。

2012 年 5 月 26 日 11 時 26 分 40 秒