心のアーカイブ 伊波伴准

笑顔のキャプテン ~2012夏

花巻球場では、盛岡第四と一関一高、
大船渡と紫波総合、
花北青雲と岩手の3試合がありました。
紫波総合は、初戦遠野を破って2回戦進出。
学校名が紫波から紫波総合に変わってから初めての夏一勝を手にして
再び花巻球場に登場です。

大船渡との2回戦。序盤から試合は大船渡ペースで進みます。
1回、大船渡は、フォアボールのランナー鈴木太朗が2塁まで進み、
3番、キャプテンの森拓真がレフトへの犠牲フライで、まず先制します。

また、2回には1アウト3塁から
8番紺野大(ひろ)がきっちりスクイズを決めて2点目を追加します。

このあと、3回には2点、4回には一挙4点を大船渡が追加し、
8対0で迎えた4回ウラ、紫波総合は2番佐々木隆治がライト前ヒット。
4番の福士稔希(としき)はセンター前、と2本のヒットが出ますが、
後続がなく得点を挙げられません。

このあと大船渡はじわじわと加点し、10対0で迎えた7回、
紫波総合は、2アウト3塁から8番阿部健人のタイムリーで
ようやく欲しかった1点を取りますが、反撃はここまで。

10対1の7回コールドで紫波総合の”2勝”はなりませんでした。
キャプテンの池脇大雅君に終了後にインタビューしました。
打てなかったことは悔しい、と話ながらも
「最後まで仲間を信じて、声をかけていました!」と笑顔で話していました。
きっと、泣きたいくらい悔しいはずです。
でも、その「笑顔」が
池脇キャプテンがまとめてきた、紫波総合というチームなのかもしれません。
第3試合、花北青雲と岩手の対戦は、意外な展開が多くありました。

4回、花北青雲は、ヒットで出た4番伊藤大樹(ひろき)を3塁まで進めます。
ここで、岩手の先発・畠山洋樹がボークを取られ、3塁ランナーがホームに進んで先制。
まさかの展開での1点目です。

さらに5回、花北青雲は、ヒットとフォアボールのランナーを送って1アウト3塁2塁。
バッターは2番大矢明。大矢の打球はライトへ。ランナーの晴山光が還って2点目。

さらに3番キャプテン久保田圭一と、4番伊藤大樹が連続タイムリーをたたき出し、
一気に5対0と突き放します。

このあと岩手は、途中から交代した2年生ピッチャー立花隼哉が
6回以降、花北青雲打線を無得点に抑えます。

しかし、岩手の打線は花北青雲のピッチャー晴山の前にヒット1本に封じ込められ、
結局5対0。
6年ぶりの初戦突破は叶いませんでした。

終わったあとに、岩手の伊藤聖崇(きよたか)キャプテンにインタビューしましたが、
とても笑顔です。
プレー中も、円陣を組みながらとても笑顔だったのが印象的でした。

終わった後に「悔しいのでは?」と聞きましたが、
とても爽やかな笑顔で
「悔しかったけど、自分たちが一生懸命やってきたことを出来た。
 打てなかったのも悔しいけど、でも野球が好きで楽しいから
 最後も笑顔で!」と
まぶしいくらいの笑顔でした。
悔しさは表情の奥に隠しての笑顔。

見ていて、私が泣きそうになりました。

沢山のことを、球児たちが教えてくれるなあと感じます。

第2試合
大船渡 1124011 =10
紫波総合0000001 =1
(7回コールド)

第3試合
花北青雲000140000 =5
岩手  000000000 =0

 

2012 年 7 月 10 日 18 時 10 分 00 秒