心のアーカイブ 伊波伴准

花巻球場での取材 ~2012夏

きょうは休養日ですが、きのうの再試合の分だけ1試合実施されるという珍しい一日になりました。

結局、花北青雲が終始試合を有利に展開してベスト16に進出しました。

 

これまで期間中に何度も花巻球場での取材をしていますが、
その合間には、花巻球場からの簡易中継もしています。

花巻球場での取材は、スタンドに取材カメラを設置し、
その隣で、スコアを付けながら原稿を書き、時々マイクで簡易中継をする
という、あわただしい時間を過ごしています。

特別な放送席があるわけではないので、
スタンドでパソコンを開いたり、なにかをメモしていた私が
急にマイクをもって元気に話し始めるので、驚く方も時々いらっしゃいます。
なるべく驚かれないように、小さめの声で話していますが、
得点の場面になると、どうしても声のボリュームは上がってしまいます。

そうしながらも、雨が降れば慌ててカッパを用意しますし、
日差しが強くなるとタオルを頭にかぶって取材することもあります。
球児たちと同じように天気とも向き合っての取材です。

今年は比較的前半が天気の良い日が続いたために、
どうしても避けられないことがあります。
それが、日焼けです。
最初は赤くなっていた腕は、だんだんと色が濃くなり、
まるで暑い気候の国からやってきたようになります。
沖縄生まれの私が言うのもおかしい話ですが、本当に南国の人になった感じです。

しかも、肌の色はなにかの手袋をはめているのかと思うくらい、
腕の中で色の差が出てしまいます。
きのうあたりから、その日焼けの部分がかゆくなってきました…。

ベスト16が出そろい、できればこの先も良い天気の中、
球児たちの素晴らしいプレーをもっともっと伝えていければと思います。

2012 年 7 月 14 日 16 時 56 分 35 秒