心のアーカイブ 伊波伴准

便利なメール、その反面…

ロンドンオリンピックが終わりました。
熱心にオリンピックで日本チームを応援していた方は、
寝る間を惜しんで中継番組を見て、きっと睡眠不足になっていたと思います。
私もその気概でテレビの前で応援していれば、よかったのですが、
夏の疲れを取るには睡眠が一番、となるべく寝るようにしていた・・・はずでした。
携帯電話の発達で、情報を手にするのがとても簡単になりました。
昔は、新聞と放送以外でニュースを確認する手段はほとんど無く、
ごく稀に、野球の試合結果を教えてくれる「テレホンサービス」がある程度でした。

それが、今は、月額数百円を支払うだけで、
新聞や通信社が出す全国ニュースの速報が携帯携帯電話に届きます。
仕事の上では、とても便利なツールと言えます。

しかし・・・。

このメール速報に悩まされる日々が続きました。原因はロンドンオリンピックです。

ロンドンオリンピック期間中は、
日本の代表の活躍をいち早く知りたいというニーズが高まります。
競技のテレビ中継はもちろん、メダル獲得はニュース速報に値するものです。

とても喜ばしい反面、競技時間は日本の深夜から早朝にかけて…。
メダル獲得の速報メールは、眠りについた頃から、まだ熟睡している午前3時、4時に
届いてしまうのです。

メダルが多かったので、着信音が鳴る回数が多かったのはもちろん、
私自身の問題ですが、設定している3社からのメールが続々と鳴るのです。

中には、「試合開始」「現在の得点」「後半に入った」「試合結果」を丁寧に速報する競技もあり、
夜中にメールが3度、4度と鳴るので、安心して眠れません。

マナーモードにしておけば楽なのですが、
気象情報で大切なものが深夜にくるかもしれない、と思って
いつも音は鳴るようにしているのです。
便利なのはいいことだ、と一言で片付けられない事態です。

ただ、朝日新聞のオリンピック速報は、深夜早朝というのを配慮してか、
朝早くに、競技結果がまとめて1通届くという仕組みだったので助かりました。

日本から見たら、ロンドンとの時差は-8時間。
次のオリンピックはブラジルのリオデジャネイロで時差は-12時間。
生中継の場合、4時間早いなら、今回よりちょっとは楽かもしれません。

2012 年 8 月 13 日 12 時 49 分 54 秒