心のアーカイブ 伊波伴准

2013年に向けて

間もなく2012年が終わろうとしています。
復興元年と言われた今年、岩手が、宮城が、福島が、
どれほど復旧・復興を果たしたのか、
実感があるようなないような1年だったと感じます。

震災から1年が過ぎてから、津波に襲われた地域への関心が
全国的に薄まったことは否定できません。
その一方で、がれきの撤去が少しずつ進み、街の中は少しずつ落ち着いて来ています。
しかし、
避難生活をしている人たちは依然として厳しい状況に置かれ、
さらに目に見えない不安や恐怖におびえる人々はまだまだ大勢います。

震災は終わっていません。
復興も成果が出ているとは言える状況にありません。
それを全国の、世界の人々が忘れないよう、私たちテレビ局の役割はとても重要だと改めて感じています。

そんな中でも、高校野球やオリンピックなどで岩手でも明るいニュースが多くありました。
さらに臼澤みさきさんのような、沿岸部出身の歌手が全国の舞台で活躍することもあり、
明るさも感じることができる年でした。

IATにとっては「IATスーパーJチャンネル」「いいコト!」で
より多くの方に見てもらい、励まされ、助言をもらう1年でもあったと思います。
10月からはこどもたちのための番組「ゴエティーニョ!」もスタートし、
多くの子どもたちや保護者の方から期待の声をかけてもらいました。

24日にはIATスーパーJチャンネルの年末スペシャルで
IATの報道記者一同が総力を結集した番組が放送できました。

さらに、あさって29日には「いいコト!」の年末スペシャル、
さらに1月5日には「ゴエティーニョ!」のスペシャルが控えています。

特別番組としては29日に「ふるさとCM大賞inIWATE」、
さらに1月5日には「テレメンタリー2013」でIAT制作の回が放送されます。

多くの番組で情報を発信し、提言を続け、一方で楽しい時間を提供することが
いま、被災地のテレビ局の大きな役割だと感じています。

2012年、多くの人に支えられたことに感謝し、
これからも「伝える生業」を大切に、放送を続けていこうと考えています。

2012 年 12 月 27 日 20 時 11 分 06 秒