心のアーカイブ 伊波伴准

献血への取り組み

 

岩手県献血推進協議会、という集まりがあります。
病院関係者や日本赤十字社岩手県支部、県などがあつまって、献血について考えるというものです。

献血の難しさは、提供をもらった血液が保存がしにくい、というところにあります。

血液製剤には「国家検定から2年」という有効期限がありますが、
赤血球製剤は21日、血漿(けっしょう)製剤は1年、血小板製剤は4日、など
それぞれまちまちです。

「協議会」の会合での説明では、
2012年度は、全血献血は4万400人、成分献血では1万4000人を
それぞれ「献血目標」としています。
実際、2012年の4月から12月にかけての実数は
全血献血で29881人、成分献血で10583人。
年度途中ですが、全血献血は、若干目標を下回っているペースです。

来年度は、特に献血可能な高校生の世代(若年層)を中心に、
献血をまず体験してもらおう、という方向になり、
400mlの献血では不安、という人のために200mlの献血も進める、ことになりました。

また、私はなかなか意識することは多くなかったのですが、
会議での報告の中で、
献血は、東日本大震災でも大きな影響を受けている、という話もありました。
確かに医療機関が重要となる災害時、献血はどうなっていたのか、
私も勉強不足の面がありました。

おととし3月11日の災害発生で、献血事業は岩手県内では一時ストップし、
岩手県外からの提供に頼ることになったそうです。
また、受け入れ先が対応できずに、移動採血車も沿岸部に行くことができず、
2011年度は被災前の5割程度の献血だったそうです。

その後、徐々に献血自体が再開し、今年度は陸前高田市や大槌町で
献血を再開したそうです。

有事の際に医療機関に頼らなければいけないことは多くあります。
献血は個人の意志での実施ですが、少しでも興味がある、
特に若くて元気だと自信がある方は、一歩踏み出してみてもいいかもしれません。
盛岡市では、大通りにある「献血ルームメルシー」で献血を受け付けているそうです。
【献血ルーム メルシー】
盛岡市大通2丁目3-7 「CT33」4階
電話019-653-6511
【成分献血】
10:00~12:00/14:00~17:00
【400・200mL】
10:00~12:45/14:00~17:45

2013 年 1 月 23 日 19 時 13 分 30 秒

出張、新幹線の楽しみ

仕事で新幹線に乗ったときに、
以前、車体にJR東日本のペンギンのキャラクターが楽しくデザインされている車体を見て
とても心が和んだことがあります。

今回も、上越新幹線と思われる車体を見て、なるほどと思いました。

ペンギンが温泉に入る・・・。

ペンギンが空を飛ぶ、ただし、スノーボード・・・。

ペンギンが山盛りご飯で小躍り・・・。

ペンギンが弁慶!?・・・。

草津温泉でお手伝い・・・。

親子連れが旅行の時に見たら、きっと楽しくなります。
このような列車の装飾は首都圏ではよくありますが、
岩手ではなかなか見られないものもあるので、私も楽しくなります。

2013 年 1 月 21 日 15 時 07 分 10 秒

忘れてはならぬ、震災

阪神大震災が起きた1995年1月17日、私はまだ学生でした。

ちょうど、就職活動を始める時期。
朝起きてテレビをつけ、絶望的な光景が映し出されていました。

あれから18年が過ぎ、きょう岩手で、神戸で、
ともに祈りが捧げられました。

陸前高田市には、東日本大震災を機に神戸から「希望の灯り」が分けられ、
灯されています。

岩手では、午前5時46分、阪神淡路大震災の発生時刻に
希望の灯りの周りで祈りが捧げられ、
神戸では、午後2時46分に同じ灯りの周りで祈りが捧げられました。

復興とはなにか、という答えは難しいのですが、
答えに近づく一つは「災害そのものを忘れないこと」だと思います。

いわゆる被災地のために、何ができるのか、
考える第一歩は「忘れないこと」です。

沖縄戦を忘れない、
原発事故を忘れない、
その気持ちが再発防止や、これからの生き方、国の行方、
全ての出発点ではないかと思います。

テレビの役割として、何が必要なのかも、「忘れさせないこと」です。
一過性ではなく、長期的に、ローカルと全国放送とで、情報を伝え続けることです。

辛い出来事を忘れ、一時でもいやす楽しい時間も必要ですし、
辛い出来事を忘れず、後生に伝えていくことも必要です。

難しいですが、テレビの役割をしっかり果たす努力を続けていきたい思っています。
2つの震災で犠牲になった人々のために。

2013 年 1 月 17 日 18 時 35 分 43 秒

本格的な仕事始め

官公庁などは1月4日に仕事始めだったと思いますが、
きょう7日から仕事始めという方も多いと思います。

盛岡では、1月2日の大雪があり、
その後車の運転に不安を覚えるような路面状況が続いています。

けさは雪が降らずに青空も見えて穏やかな天気です。
ただ路面は凍結し、歩いていても滑らないように気をつける必要があります。
一年の本格的なスタートの日として、青空を見ると素晴らしい一年の始まりに感じます。

そしてきょう1月7日は七草で、正月の松飾りも外す日。
そろそろお正月気分もぬけなければ、と朝のテレビを見ると、
「やじうまテレビ!」で「県民手帳」が売れているという話題を紹介していました。

私も「岩手県民手帳」を毎年のように買って使っています。
市町村別の最新の人口や産業別の生産額などが詳しく載っています。

さらに、「やじうま~」では、
その県ごとの伝統行事などの一覧がまとまっていて、
それが「ガイドブックにはない貴重な情報」として手帳が人気となる理由だ、と解説していました。
東京での売れ筋で一番が沖縄県民手帳だそうです。

ここ数年、私は手帳を使わずに携帯電話やパソコンで
日程管理をするようになっています。
ただ急いでメモを取ったり、大事な内容をメモとして取る時には
やはり手帳でなければとも感じます。

手帳を見て振り返ると良いことばかりだったと言える2013年でありますように。

2013 年 1 月 7 日 11 時 59 分 26 秒

衝撃のお菓子 その4

新年が始まりました。

年末年始の休暇を利用して青森県に行ってきました。

温泉や、味噌カレー牛乳ラーメン、ホタテ、ナマコなど
楽しめるものが沢山ありました。

そして、また出会ってしまったのです。

8月30日
9月5日
10月26日のこの欄で書きましたが、
あの、衝撃のお菓子。

 

モチーフが、激しい、あのお菓子。

 
また、出会ってしまったのです。

 

今度は「ココアのお菓子」ではなく「甘納豆」でした。

 
やはり衝撃です。

2013 年 1 月 4 日 10 時 41 分 36 秒