心のアーカイブ 伊波伴准

かみすぎては、いけない

今月、かなりしつこい風邪に悩まされています。
熱がなく、体調もさほど悪くないのですが、
とにかく鼻がつまってしまうのです。

病院に行き、薬を処方してもらってからは
鼻の通りはよくなったのですが、
鼻声の状態が長く続いています。困ったものです。

困ったといえば、
以前私に「あなたの鼻は曲がっている、だからつまりやすい」
と的確に診断して頂いたお医者様に次のようなことを言われました。

それは、私が受診したときに「鼻をかんだあと、ちょっと耳が痛い」
と訴えたことに対しての答えです。

「ハナは、完全にとれないんだから、強くかんじゃだめ。
 あきらめなさい!」

ハナはスッキリ取るもの、として今まで生きてきましたが
あきらめる、という新しいアドバイスです。
耳の痛みはじきとれましたが、それ以後は鼻をかむたびに
「かみすぎてはいけない、あきらめながら…」と心の中でとなえながら
ずずず、っとかんでいます。

2013 年 2 月 28 日 09 時 59 分 51 秒

支え合う

通勤中に心温まる場面に出会うことがあります。

岩手県内でも西和賀で過去最高の積雪を記録するなど
大雪、かつ厳しい寒さが続いています。
盛岡市内でも、影になるような場所では
氷の固まりがとけずに残って、歩くのも運転も大変です。

いつもの通勤路で、けさ見かけたのは、道路沿いにある旅館のご主人。
歩道の影や階段の周辺は氷の固まりが地面に残りやすいのですが、
長靴をはいて、かかとで残った氷を砕いていました。

きょうは日中の気温が6度程度まで上がる予想なので、
朝のうちに砕いておけば、かなりとけて、歩きやすくなります。

小さな取り組みですが、多くの通行人が助かります。
支え合う地域の良さを実感する場面でした。

2013 年 2 月 27 日 10 時 02 分 50 秒

5年ぶり

友人家族と共に、スキーに行ってきました。
5年ぶりのスキー。
39年間生きてきて、3度目のスキーです。

親類・友人から大騒ぎしてスキー靴や板、ウエアを借り、
一緒に行った子どもたちとほぼ同じレベルの初心者として
数時間のゲレンデ時間・・・。

急斜面で何度も転びましたが、
緩やかな斜面では、楽しく滑ることが出来ました。

ただ、5年前に番組取材で滑った時と同じで
子どもたちのスキースクールの一団に追い越されるほどの
超安全な速度での滑走となりました。

2013 年 2 月 23 日 19 時 01 分 01 秒

お菓子

畑山アナウンサーからもらいました。

花巻のお菓子だそうです。

2013 年 2 月 19 日 16 時 14 分 55 秒

子どもの感性

甥っ子と姪っ子たちと一緒にお好み焼きを食べに行ったところ
「マヨネーズで絵を描いて良いよね?」と聞かれました。

 

見てみると、お好み焼きの上にゴエティー。
最終的に鰹節や青のりでかくれてしまいましたが、
ナイスな絵画センスです。

2013 年 2 月 17 日 19 時 26 分 03 秒