心のアーカイブ 伊波伴准

答えは明確ではない

沿岸南部の釜石市、大船渡市、陸前高田市へ向かいました。
様々な打合せなどがあり、久しぶりの沿岸部です。

雪の心配もない時期になり、運転も不安はありません。
しかし、やはり沿岸部にいき更地が多くなった場所をみると
不安というかやるせない気持ちになります。

鵜住居にある防災センターへ行きました。
ここは、本来の避難場所ではなかったにもかかわらず、
2年前の震災の時に多くの人が避難し犠牲になった場所です。

更地の中にぽつんと残った建物を見ると
本当にやるせない気持ちになります。
なにか事前に手を打てなかったのか、という思いがこみ上げてきます。

建物には祭壇があり、沢山の花やお供え物がありました。
ここでなにがあったのか、伝えることを忘れてはならないと感じます。

大船渡市では夢商店街に立ち寄りました。
駐車場に車を止めて中に入ると、プレハブですがしっかりとした商店街が広がっています。
もう少し人があつまる仕掛けや、人の流れが欲しいなと思いますが、
周辺は浸水域のために建物はあまりありません。


すぐ隣に運行を始めたBRTの「駅」があります。
JR、という表示と「大船渡駅」という表示がありますが、
バスでの運行ですから、実質は「バス停」です。
鉄路の復活を求める声と、生活の為に交通インフラが必要という声と、
どれが正解ということは、一言では言えません。

陸前高田市の奇跡の一本松は、これから作業のやりなおしがありますが、
松は復元されて、もとの場所に立っています。
しかし、遠くからみても、これは復元されたものだとわかります。
理由ははっきり言えませんが、
以前見ていた松の細やかな輪郭がない、というか、
風が吹いてもびくともしない雰囲気、というか、
とにかく人造のものだとわかります。

この松を見て復興の気持ちを一つにできるという声もありますし、
本当に必要か、という声もあります。

忘れずに伝えること、
しかし、そのこと自体を語ると意見が分かれてしまうこと…。
私が生まれた島で、戦争について語るときになんとなく似ている気もします。

生きていくことは、明確ではない答えと向き合い、
多くの意見を交わすことの連続なのかもしれない、と感じます。

2013 年 3 月 27 日 20 時 01 分 47 秒

人混みの中で

再び、仕事で東京です。

その合間の時間を使って、渋谷に足を運びました。

ニュースなどで報じられていた通り、東急・東横線は地上の駅が使われなくなっていました。
以前通ったことのある改札は、壁が作られ、中も見えなくなっていました。
新しく副都心線とつながった地下のホームは、普通の地下鉄の駅でした。

ニュースで見ていると、乗り換えで様々な問題点が指摘されていましたが、
慣れるとこれが日常になるのかな、と感じます。

もう1カ所、東京スカイツリーにも行ってきました。
以前はスカイツリー開業直後に訪れたことがありますが、
駅を降りただけでものすごい人混みだったためにすぐに帰りました。

開業から時間が経ち、多少は混雑も緩和されたかな?と思いましたが、
2時間後の入場券購入のための整理券が配付されていました。


いろいろと時間を調整し、地上360mの展望台までは行くことができました。

展望台からの眺めというよりも、ほとんどヘリコプターからの空撮で見るような
ミニチュアの街を見下ろすような光景、という感じでした。

地上からも、うっすらと桜が咲いているのも分かる、穏やかな光景でした。
それにしても、券を買うのも、エレベーターに乗るのも、とにかく混雑しています。
こういう状態は若干苦手で、ああ、岩手に帰りたい!と感じてしまうのです。

2013 年 3 月 23 日 19 時 51 分 30 秒

十度目でつかんだ「勝利」 盛岡大附属

きょう盛岡大学附属高校が春の選抜高校野球の初戦(対安田学園・東京)を迎え、

春夏通じて10回目の出場で初勝利をつかみました。

3-3で迎えた9回ウラ、ランナー1・3塁からバッターは2番の吉田嵐。

ショートへの強いあたりが内野安打となり、3塁ランナーがサヨナラとなるホームイン。劇的な勝利です。

 

ここしばらくの甲子園の試合では1点差で惜しくも勝利を逃すという試合が多かった盛岡大附属は

冬場に鍛えた力を発揮し、初勝利を手にしました。

勝利の重さの意味をかみしめる、歴史的な試合とも言えるかもしれません。

 

 安田学園 000 200 001 =3
盛岡大附 000 200 011x=4

2013 年 3 月 23 日 17 時 45 分 03 秒

春、東京

仕事で東京です。

盛岡が真冬のような気温でうっすらと雪が積もっていたところから出発し
東京に到着すると、すっかり本格的な春でした。

六本木のテレビ朝日に向かうと、アトリウムに様々な装飾があり、
その中でも開局55周年のPRがあちこちにありました。

毛利庭園には多くの桜の木があり、ほぼ満開です。
すっかり春です。

地下鉄での移動では、新しく開通した副都心線が路線図に載っているのが目立ちます。
東京は、毎回訪れるたびに姿を変えていきます。

2013 年 3 月 21 日 17 時 36 分 08 秒

エーアール?

ARという技術があります。

Augmented Realityの略で、日本語だと「拡張現実」というそうです。

IATのバーチャルスタジオでもAR技術を活用したものがあります。

土曜日放送の「いいコト!」の天気をご覧いただければ分かりますが、

なんと、日刊スポーツという新聞でもAR技術を利用した企画が始まるそうです。

楽しみです。魔法のようです。

 

2013 年 3 月 16 日 17 時 44 分 27 秒