心のアーカイブ 伊波伴准

夏の決戦は、ここから

夏の高校野球岩手大会の抽選会がいま、続いています。

IATでは現在生放送中。

どんな組み合わせになるのか、楽しみです。

これからノーシード校の抽選。ここから夏の高校野球の戦いの始まりです。

2013 年 6 月 28 日 14 時 13 分 35 秒

68年目の沖縄

沖縄にとって「沖縄戦の教訓をどのように伝えていくのか」は
大変重要なテーマです。

きょう6月23日は、先の大戦での”組織的な沖縄戦が終わった日”
とされています。
1945年の6月23日。私の父が5歳、私の母は生まれたばかりの頃です。

住民の4人に1人が死亡するという沖縄戦は
私も祖父・祖母、そして両親の世代も、その恐ろしい状況を体験し、
小さい頃は、いろいろな形で教えてくれました。
私にとっても沖縄戦は、実際に私も身の回りで起きていたことなのです。

今でも、沖縄は戦後の課題がたくさん残っています。
基地の問題、それから起因する様々な課題、
また沖縄県民が不安に感じる事件事故。

具体的な問題が多くあるはずなのに、
沖縄から離れた場所でその問題がしっかりと伝わっているのか
とても不安に感じることもあります。

沖縄から発信されるきょう一日のニュースに、
多くの人に触れて欲しいと感じます。

2013 年 6 月 23 日 12 時 43 分 50 秒

影響

盛岡の平川食品が破産し、事業を停止しました。

豆腐の街・盛岡がどうなるか、その影響が心配されます。

私も頻繁に豆腐を買いますが、近所のスーパーからは「ひらかわ」と書かれた豆腐製品は

消えてしまいました。

買いやすい価格、安心する味が、店から消えました。

とても複雑な気持ちです。

2013 年 6 月 21 日 14 時 45 分 43 秒

岩手・宮城内陸地震から5年

2008年6月14日午前8時43分。
この日は土曜日だったので遅く起きた朝…になるはずでした。

起きるというより、揺れで起こされた私はすぐにテレビを付け
震度を確認して、会社へ向かいました。
岩手・宮城内陸地震の長い一日の始まりでした。

あれから5年が経ちましたが、
地震の被害や教訓、伝えるべきこと、その多くが風化しているように感じます。

もちろん、きょうまでの間に東日本大震災があったことも原因の一つかもしれません。
ただ、
保存されている旧祭畤(まつるべ)大橋をはじめ、残る資料で
当時をしっかりと思い出すことが重要だと感じます。
それが、今沿岸で必要な復旧・復興、そしてこれから起こるかもしれない災害へ向けて、私たちができることなのだと思います。

2013 年 6 月 14 日 11 時 33 分 27 秒

豆腐の街・盛岡はどうなる

「ひらかわ」というひらがなで書かれた豆腐のパックが
もう見られないことになります。
県内トップの豆腐メーカーである平川食品が
6月10日付けで盛岡地裁に破産申請をしました。
負債総額はおよそ11億円、従業員は全員解雇という情報です。

5年前の、2008年2月に下水道メーターを不正に操作して
使用量をごまかしていたことで追徴金4億6300万円を科せられました。
その支払いも全て終わっていない状態での破産です。

盛岡市内のスーパーで、「ひらかわ」印の豆腐は沢山の数が並び、
値段も手頃のため、市民に愛されていました。

これまで盛岡は豆腐の街として様々なPRを続け、
毎年のように豆腐の消費量が県庁所在地でトップをとっていました。
豆腐の街盛岡は、今後どうなるのか、不安が募ります。

2013 年 6 月 11 日 18 時 55 分 16 秒