心のアーカイブ 伊波伴准

豆腐の街・盛岡はどうなる

「ひらかわ」というひらがなで書かれた豆腐のパックが
もう見られないことになります。
県内トップの豆腐メーカーである平川食品が
6月10日付けで盛岡地裁に破産申請をしました。
負債総額はおよそ11億円、従業員は全員解雇という情報です。

5年前の、2008年2月に下水道メーターを不正に操作して
使用量をごまかしていたことで追徴金4億6300万円を科せられました。
その支払いも全て終わっていない状態での破産です。

盛岡市内のスーパーで、「ひらかわ」印の豆腐は沢山の数が並び、
値段も手頃のため、市民に愛されていました。

これまで盛岡は豆腐の街として様々なPRを続け、
毎年のように豆腐の消費量が県庁所在地でトップをとっていました。
豆腐の街盛岡は、今後どうなるのか、不安が募ります。

2013 年 6 月 11 日 18 時 55 分 16 秒