心のアーカイブ 伊波伴准

68年目の沖縄

沖縄にとって「沖縄戦の教訓をどのように伝えていくのか」は
大変重要なテーマです。

きょう6月23日は、先の大戦での”組織的な沖縄戦が終わった日”
とされています。
1945年の6月23日。私の父が5歳、私の母は生まれたばかりの頃です。

住民の4人に1人が死亡するという沖縄戦は
私も祖父・祖母、そして両親の世代も、その恐ろしい状況を体験し、
小さい頃は、いろいろな形で教えてくれました。
私にとっても沖縄戦は、実際に私も身の回りで起きていたことなのです。

今でも、沖縄は戦後の課題がたくさん残っています。
基地の問題、それから起因する様々な課題、
また沖縄県民が不安に感じる事件事故。

具体的な問題が多くあるはずなのに、
沖縄から離れた場所でその問題がしっかりと伝わっているのか
とても不安に感じることもあります。

沖縄から発信されるきょう一日のニュースに、
多くの人に触れて欲しいと感じます。

2013 年 6 月 23 日 12 時 43 分 50 秒