心のアーカイブ 伊波伴准

忘れてはならない

先日、機会があって宮城県松島町のマリンピア松島水族館に行ってきました。

いりぐち

夏休み中というタイミングでしたので、子供たちが多く、にぎわっていました。

しかしこの水族館は海沿いに建っているため、2011年3月の東日本大震災で津波の大きな被害が出たそうです。

岩手のことはいろいろと聞いていますが、お隣宮城県のことは意外と知りません。

マリンピア松島水族館では、地震発生直後に全員避難し、さらに建物や水槽などに甚大な被害はなかったものの、

水槽の水を循環させるポンプなどが故障し、残念ながら死んでしまった魚などもあったそうです。

園内が津波のせいで泥だらけの中で、自力でポンプを直したりえさを確保したり、奔走したそうです。

 

今ではすっかり奇麗になり、津波の被害があったことは全くわかりませんが、

ペンギンの水槽に「津波がここまできました TSUNAMI LINE」という表示がありました。

津波ライン

楽しい水族館にとても不釣り合いです。

しかし津波被害を忘れるわけにはいきません。

悲しくとも、そこには多くの教訓と当時の職員の努力が込められているように感じます。

年月の流れとともに、どうしても震災や津波のことは忘れられてしまいます。

小さな表示ですが、子供たちにも知ってもらいたい大切なメッセージだと思います。

2014 年 8 月 29 日 18 時 18 分 32 秒

甲子園

盛岡大附属が夏の甲子園で東海大相模から初勝利を挙げ、臨んだきょうの2戦目。

敦賀気比との試合は、結果的にエース・松本裕樹投手が持ち味を発揮できないまま、3回戦敗退となりました。

それでも、8回目の夏の甲子園出場で「一勝」をつかんだ盛岡大附属にとって、

大きな意味を持つ夏になったと感じます。

きょうのアルプススタンドは控えの野球部員だけの応援でしたが、

ベンチ入りしたメンバーも、応援で声を枯らしたメンバーも、全力を尽くしてくれたのではないかと思います。

夏一勝を手にした盛岡大附属。来年以降、新しいチームでの活躍にも期待します。

そして、きょうは私の母校の沖縄尚学の試合もありました。

沖縄尚学は、夏2勝をしたことがありませんでしたが、きょうのニ松学舎大付との試合でサヨナラ勝ち。

初めての夏2勝をもぎとりました。

選手たちのがんばりに、OBとしてうれしくなります。

改めて、甲子園の試合は、心に残る、そして全力で応援したくなるものばかりです。

2014 年 8 月 20 日 19 時 29 分 55 秒

台風11号

日本列島を縦断するように進んだ台風11号。

四国、兵庫に上陸し、日本海を北上し、先ほど熱帯低気圧に変わりました。

岩手も強風域にかかっていて、きのうからけさにかけて断続的に雨が降っています。

DSC_7377

西日本に比べると岩手では大きな被害は今のところありませんが

強風で街路樹が折られていたり、自転車が転倒したりしています。

また、先ほど盛岡地域に大雨警報に加えて洪水警報も出ました。

DSC_7375

北上川はいつもより水位が上がっていて、遊歩道は水に浸かっています。

DSC_7374

このところ、雫石町、矢巾町、盛岡市玉山区など川が氾濫し、大きな被害が出ています。

これ以上の被害がないことを祈るばかりです。

2014 年 8 月 11 日 10 時 15 分 54 秒

5度目 盛岡さんさ踊り

盛岡さんさ踊りに参加しました。

私の所属団体は2日目のパレード参加だったため、

この日に向けて、練習を重ねてきました。

沿道には観光客をはじめ大勢の方が詰めかけていました。

雨の心配もなく、本当に熱のこもったまつりだな、と実感しました。

また、3日目のきょうはマリオス前でも演技披露をしました。

かなりの暑さ。盛岡では34.6度まで上がりましたが、

風があったために、日陰ではなんとか踊り続けることができました。

県外の方は、手を動かしながら踊りをなぞって楽しんでいる様子。こういう方が今年は多いような気がします。

まつりは、あす大太鼓パレードがあります。

あと1日、お近くの方はぜひ実際に見て楽しんでください。

maliosmae(撮ってもらった写真)

 

追加8月4日太鼓大パレード参加

DSC_7352

DSC_7348

2014 年 8 月 2 日 17 時 41 分 39 秒

暑い夏、さんさと共に

盛岡さんさ踊りが始まりました。

一番のメーンは、盛岡市役所前を出発するパレードですが、

パレードの前も、盛岡市民文化ホールや、盛岡駅前でもさんさ踊りが披露されます。

初日は昼間から盛岡駅前の滝の広場は大にぎわい。

DSC_7323

これから4日間、昼も夜も、盛岡の街はさんさとともに時間が流れていきます。

2014 年 8 月 1 日 18 時 01 分 37 秒