心のアーカイブ 伊波伴准

「福田パン」「吉田パン」

東京で「福田パン」?「吉田パン」?
先日のことです。

テレビで「オリジナルのパンやさん」と紹介されているお店がありました。

そのパン屋さんは、お店に一つもパンが並んでいない、
なぜなら、注文するたんびに、店員がコッペパンにあんやバターを一つ一つ塗って
それを販売・・・そんなパン屋さんです・・・?

なんだ?!これは盛岡の福田パンと同じシステムじゃないか、
まねっこじゃないか!?

すると名前は「吉田パン」。
なんとそっくりなシステムなのでしょう。

あわててインターネットで調べてみると、
どうやら、盛岡の福田パンからのれん分けをして東京で出店したお店のようです。

なるほど、東京で・・・。
福田パンのそっくりな吉田パンが・・・。

その後、東京に行く機会があったため、ちょっと時間を調整して寄ってみました。

ホームページには、無くなった場合は早めに閉店する場合も、と書いてありましたが
まあ、大丈夫と思っていたのです。

ところが。

午後2時、3時くらいの時間だったのですが・・・。

DSC_7840

まさか、の、閉店。

大人気の状態が続いているようです。
残念。また次に東京にいくことがあれば、再チャレンジ。

DSC_7841

2014 年 10 月 31 日 19 時 40 分 50 秒

季節の変化

ここしばらく、季節の移り変わりを感じます。

まず、10月20日、たまたま通りかかったところで見ることができたサケの遡上。

 

 

DSC_7967

ちょっと見にくいですが、画面の上の方に向かってサケが2匹泳いでいます。北上川です。

 

そして、急激に気温が下がって、10月24日の朝は濃い霧になりました。

DSC_7983

こんな天気は久しぶり、と驚いて写真を撮りました。中心に白く見える丸いものは太陽です。

 

きのうになると、雲がかかっていますが、岩手山に雪化粧がしっかりと確認できました。

DSC_8001

 

そして、きょうは、雲がない状態で稜線がくっきり見える雪化粧。

DSC_8003

 

11月に入ると、市街地でも雪、そして積雪というシーズンがやってきます。

2014 年 10 月 30 日 20 時 27 分 42 秒

きのうからきょうにかけて全国的に大気が不安定で、強風の被害がでた場所もありました。

そんな中、朝の盛岡は通り雨のような雨が降り、その後明るい日差しが。

IATの情報カメラからは奇麗な虹が見えました。

 

盛岡駅の周辺でも虹が見えて、多くの人がシャッターを切っていたようです。

いいコト!いっぱいだと良いですね!

あすのいいコト!、そして午後の特別番組「ふるさとバンザイ!」もきっと楽しいことたくさん。

ぜひご覧ください。

DSC_7951

2014 年 10 月 17 日 17 時 25 分 28 秒

月食です

DSC_7850

Jチャンいわての放送が始まり、同時に部分月食が始まりました。

番組冒頭の月が

DSC_7852

徐々に欠けているように見えます。

(IAT情報カメラ映像)

この後、月がどんどん影に隠れていきます。

県内各地、晴れていてよかった!です。

(追加 18:29)

1829

(追加 18:44)

DSC_7854

 

(追加 そして赤くなってきた月 19:24)

DSC_7858

2014 年 10 月 8 日 18 時 29 分 06 秒

18歳

2014年10月1日、IATは18歳になりました。皆さまのおかげです。ありがとうございます。
人間の18歳なら、高校生くらい。一番多感な時期です。
18歳かあ・・・、と自分のことを振り返ると非常にくすぐったい気持ちになります。
今思い出しても、何をやるにも純粋で一生懸命な時期でした。

私が高校生の頃はまだ土曜日も授業が半日ありました。いわゆる半ドンです。

学校の授業が終わると、行くべき塾にはまっすぐ行かず、
繁華街へ行き、友達とご飯を食べたり、映画を見たり、カラオケをしたり。
そして夕方になると(比較的)静かに塾へ行き(一応の)受験勉強をしていました。
今思い出しても、ずいぶんいろいろ一生懸命でした。

そして17歳から18歳で一番印象に残るのは、一人で飛行機に乗って東京へ行ったこと。
1度は親類を訪ねて。
もう1度は入学試験を受けるため。
一人で飛行機に乗るまではなんとなく大丈夫でしたが、
その後羽田空港からモノレールに乗ったり、山手線に乗ったりしたのは、とても緊張しました。

もちろん、地下鉄は乗り換えや乗り継ぎなどの仕組みが分からず、乗れません。
また小田急線に乗る必要があったのですが
「分割案内板Aを境に、前4両が・・・」という放送を聞いて
一体、自分はどこに連れて行かれるのだろうと、とても不安になったのを覚えています。

何もかもが新鮮だった18歳。
IATにとっても、毎日がまだまだ刺激的で新鮮なものばかりです。

誕生日というのは、これまでのことを振り返り、これからの1年を考える絶好の日です。
”震災以後”の情報発信がどれくらいできているのか、
命についてどう考えるのか。
広島の土砂災害や御嶽山の噴火など大規模災害とも向き合わなければなりません。

もっともっと悩み考える「18歳・IAT」の1年がまた始まるのです。

2014 年 10 月 1 日 11 時 00 分 59 秒