心のアーカイブ 伊波伴准

年末の光景

年末、大あわてで年賀状を書いている方も多いと思います。
私も・・・やはり今年も余裕をもって年賀状を出し終えることはできません。

なんとかあわてて年賀状を書いても、
近所のポストに出すのが不安になるため、
盛岡中央郵便局まで行くことになります。

この時期、盛岡中央郵便局の周辺は、ちょっとした渋滞が起きています。
みんな同じように年賀状を何とか元日に間に合うよう、直接持ち込むのです。

いつから始まったのか、
盛岡中央郵便局の入り口には「ドライブスルーで年賀状受け付けます」という表示がありました。
あわてて年賀状を年内に出そうとする私にピッタリなシステムです。
その「システム」は、駐車場に入ってきた車に、
アルバイトと思われる学生さん(高校生?)が
車に近寄って笑顔で郵便物回収用の袋を差し出してくるというものです。

ものすごく寒い環境の中頑張っている「ドライブスルー」担当の学生さんに
大変感心・感謝しつつ、残りの年賀状を車から差し出しました。

今年もいろいろなことがありました。
全国的には、災害が多く、本当に胸が痛むようなニュースが目立つ年でした。
それでも、一生懸命復旧にあたり、立ち上がろうとしている人々がいます。このことを忘れてはなりません。

それは東日本大震災から3年9カ月経った東北の沿岸でも同じことです。
大震災からの復旧・復興は厳しい現実がたくさんあります。
それを忘れずに、2015年もテレビとしてやるべきことはまだたくさんあると感じます。

多くの思いを胸に、2014年を閉じ、2015年も頑張って参ります。
本年もIATをご覧頂き、本当にありがとうございます。
来年も宜しくお願いいたします。

2014 年 12 月 31 日 20 時 45 分 44 秒