心のアーカイブ 伊波伴准

飛んでいても仕事可能

携帯電話さえあれば、仕事が追いかけてくる時代から、
ノートパソコンやタブレット端末があれば、さらにいろいろな仕事が追いかけてくる時代になりました。
それを実感する、旅客機に関する出来事です。

旅客機に乗っていて出来ることと言えば、
本を読んだり、音楽を聴いたり、または軽食を食べたり、でしょうか。
あとは移動は疲れるから徹底して寝ることが優先されます。

しかし・・・今の旅客機は違います。

少し前であれば
離着陸をするときに「電子機器の電源をお切りください」と言われ、
「電波を発する電子機器は常に電源をお切りください」と続きます。

今は、電波を出す機械の使用はできない、という点は変わりませんが、
カメラの電源や、ゲーム機の電源も、電波を出さない限りは電源を切る必要はありません。
また携帯電話も「機内モード」で電波を出さない状態にしておくと
携帯で写真を撮ることも可能です。

これだけでも時代は変わったなあ、と思うのですが、
電波の送受信はだめなのに「WiFiはOK」という旅客機が出てきたのです。

日本航空(JAL)の一部の機体(新しい装備のある機体)では
料金を払えば、飛行中にWiFiがつながり、パソコンやタブレット、携帯電話でインターネットにつながるのです。

先日、用事があってたまたまその対応した機体に乗った時です。
搭乗直前まで、電話でやりとりしたり、パソコン通信でメールをチェックしたりしていたところ、
いよいよ飛行機に乗る時刻になり、パソコンを閉じ、携帯の電源を切って飛行機へ。

すると、電源を切らずに「機内モードに」という案内があります。
そうだった、ニュースで見た、と思って機内モードにします。
上空に行くと「Wifi接続は、着陸直前まで使える」というようなことをアナウンスしています。

座席ポケットにその案内文まであります。
興味半分で読んでみると、要するにノートパソコンでインターネットにつながるのです。
スマートフォンやタブレット端末でも、クレジットカードでお金さえ支払えばOKなのです。

ちょうど、メールの送受信をいろいろとやりたいなあというタイミングだったので
説明書に書いてあるとおりに、つないでみました。
思いの外、登録作業はスムーズで、簡単につながります。
一気にメールの送受信をしました。

以前なら飛行機でパソコンを使った仕事なんで無理でしたが、
今は対応している飛行機なら、存分に仕事をすることができます。
その結果、いつまでも仕事に追いかけられることになり、複雑な思いですが、
非常に便利な世の中になったことを実感したのでした。

2015 年 4 月 27 日 19 時 22 分 29 秒

ハンギングバスケット

今年もこのシーズンがやってきました。
ハンギングバスケットです。

盛岡では、雪が溶けてコートがいらなくなってくる今頃、
街のあちこちで、高い位置の鉢植えが出現します。

駅や商店街などを歩くと水をやる人をよくみかけます。
まちなかに花が植えられているのは、どこかほっとします。
盛岡以外の方は、ぜひ町中を歩くときに鉢植えを探しながら歩いてみるのをおすすめします。

2015 年 4 月 17 日 20 時 01 分 36 秒

福田パン吉田パン

盛岡にあるソウルフード「福田パン」が東京に、という情報を知ってから半年以上が経ちました。

盛岡と東京の違いも見てみたいし、味わってみたい。

そう思って去年10月に東京の「吉田パン」に行ってみたところ、その日はすでに閉店。

 

このため、どうしても次のチャンスがあれば行ってみようと強く心に決め、

ようやく、なんとか、その機会が巡ってきました。

前回は夕方に行ったのが失敗の元でした。

売り切れで閉店という事態を避けるためにも今回は午前中には行かなければなりません。

そこで、土曜日の昼前、亀有駅を目指し行ってきました。

DSC_6043

商店街の一角、目当ての吉田パンが見えてきた頃、まず驚きました。

商店街の一角に行列ができていたのです。

DSC_6044

ざっと見ても20人以上が並んでいます。

いったい何分くらい並ぶのか見当もつきません。

とりあえず、最後尾に並んでみました。

すると、販売のスピードがあまり速くないと見受けられますが、

少しずつ列が動きます。

時折店員さんが出てきて、女性に日傘を差し出したり、紙コップに入ったお茶を配ったりしています。とても丁寧な印象です。

 

徐々に入り口が近づいてくると、ポスターの下にこんな表示が。

DSC_6047

吉田パンも、福田パンの精神・心意気を受け継ぐ、とあります。

岩手県民としては、ちょっとうれしくなる文章です。

およそ30分程度並んで、ようやく店の中に入ることができました。

メニューは、盛岡の福田パンほど多くありませんが、

コッペパンの中身をその場で注文して塗ってもらう、挟んでもらうというシステムは同じ。

DSC_6049

あんマーガリンとマーマレードを買いました。

DSC_6050

コッペパンは、盛岡で食べる福田パンと同じように、柔らかい食感だけどもちもちのパンでした。

盛岡で愛されているパンから生まれた、東京の吉田パン。これからの活躍に期待です。

2015 年 4 月 10 日 15 時 50 分 14 秒

210杯 記録達成の奇跡

年齢の上下に関わらず、素晴らしい能力を持つ人には、畏敬の念を持つものです。

それが、高井瑛子アナウンサーです。

4月4日放送の「いいコト!」で、まさかの場面。

私は、新入社員と共に「中継の研修」のために、わんこそば会場へと向かいました。

盛岡三大麺の一つ、わんこそばの魅力を伝える中継リポーターは高井さん・・・いや、気持ちとしては「高井さま」と呼びたいのです。

なぜなら、

そのお店で女性客が持つわんこそばの最多記録である207杯を抜き去り、

210杯のわんこそばを目の前で食べたのです。

中継で映っていない場面でも、まじめに一生懸命、わんこそばを食べ続けた「高井さま」。

神様、仏様、高井さま、と言いたくなります。

目の前でお店の記録更新を見たIATの新入社員も、入社直後の強烈な研修としてこの日のことを胸に刻んだことでしょう。

すごいぞ!高井さん!いや、高井さま!

DSC_6138

2015 年 4 月 6 日 17 時 48 分 24 秒