心のアーカイブ 伊波伴准

時刻 寄り添うのは

まもなく5年、大震災について、まだまだ、学ばなければと思うことがあります。

 

東日本大震災が発生したのは、2011年3月11日、午後2時46分です。

毎年、3月11日の午後2時46分には黙祷をしています。

 

毎年この時期には、震災についていろいろと調べるために

電話をしたり、人に会ったり、インターネットを調べたり、いろいろなことをしますが、

ひとつ、考えさせられるものがありました。

黙祷は午後3時20分だ、というあるブログを見つけました。

「地震で死んでいない。津波が来たからだ。津波は午後3時20分。だからこの時間に黙祷だ。」

残された家族にとって思いは様々。

2時46分を境に、さあ、がんばろうではなく、

複雑な思いと鎮魂の祈りは、続いているのだ、と気づかされました。

細やかに心情が存在し、それに寄り添い、考える姿勢が、今問われているのかもしれません。

2016 年 3 月 8 日 15 時 32 分 30 秒