心のアーカイブ 伊波伴准

思い出して、忘れないで

東日本大震災から5年です。あの時に起きたことを、思い出して、忘れないで・・・。

ただ、それだけを伝えることが、いかに難しいか。

 

いま、ANNスーパーJチャンネルスペシャルを放送中です。

全国から25カ所の生中継、岩手県内も各地から中継があります。

また、午後3時50分からは「IAT報道特別番組 被災地の今とこれから」

午後6時15分からの夕方のスーパーJチャンネルいわても、大槌町旧役場庁舎からお伝えする予定です。

IAT・ANNだけではなく、すべてのテレビ局がきょうは祈りと命を伝える取り組みをしています。

 

大災害が起きたこと、防災のために何が必要なのか考えること、復興で必要なことは何かを問うこと・・・。

様々な角度で東日本大震災を伝え、そして分析し、日本中で考える日にしなければと思います。

津波の映像も見るのは苦しいことですが、何が起きたかを考えるために、きょうだけは必要なのだと感じます。

 

岩手の沿岸部を始め、東北から関東にかけて、完全に復興したとはとても言えません。

5年も経ったのに、岩手ではまだ1万6000人以上が「応急仮設住宅」というプレハブに住んでいます。

警察庁の発表で、行方不明の方は、岩手だけで1124人もいるのです。

だからこそ、思い出して欲しいし、忘れないで欲しいのです。

2016 年 3 月 11 日 14 時 22 分 23 秒