岩手のいろいろ☆行くしかなっちゃん! 坂本奈津美

滝沢スイカでフルーツカービング

再び、滝沢スイカの話題です(^^)v

 

果物にナイフで彫刻を施す「フルーツカービング」

タイで発祥した伝統芸のひとつで、日本でもここ最近ブームが来ているそう。

パーティーなどに華を添える美しい芸術品です。

 

このフルーツカービングを滝沢スイカで作る講習会を取材してきました。

県内のレストランやホテルで働くおよそ30人はほとんどが初心者。

講師の先生が作った見本の作品はこちら。

フルーツカービング見本寄り

今回は左側の花びらが連なったスイカに挑戦していました。

美しく仕上げるコツは、スイカの白いところと赤いところのグラデーションがきれいに出るように彫ることだそうです。

この日使ったスイカは皮が厚めだったため、参加した人は皮をむくのにも一苦労の様子です。

みなさんが黙々と作業に取り組んでいた中、彫りながらこっそりスイカの味見をする人を発見!

スイカの彫刻は素敵だけれど、目の前にまるまる大きいスイカがあれば、やっぱり食べたくなっちゃいますよね)^o^(

緑のしましま模様も、甘くてみずみずしい味も、だいすきです。

フルーツカービング見本

今年もたくさんいただけて幸せです(*^_^*)

2014 年 8 月 19 日 08 時 00 分 23 秒