岩手のいろいろ☆行くしかなっちゃん! 坂本奈津美

国体のレガシーを北上へ!!

いわて国体の開幕まで、いよいよ1年を切りましたね!

国体に使用される設備の準備も着々と進んでいます。

 

先日は、北上総合運動公園の陸上競技場で、座席の設置イベント

「国体のレガシーを北上へ」を取材してきました。

 

このイベントは、5年後に開催される東京五輪に向けて解体された国立競技場の座席を、

全国の希望する自治体に無償で提供しようという取り組みで、

去年6月、北上市が国立競技場で座席の取り外し作業をするボランティアを募り、

ひとつのイベントとして実施されました。

 

その時にわたしもひとつの座席を取り外し、記念に名前を書いてきていたのですが、

北上椅子①

今回の取り付けイベントで、北上陸上競技場のスタンドに設置してきましたヽ(´▽`)/

北上椅子③

自分の手で外して、取り付けた、と思うと、思い入れも強くなり、まるであのひと席が我が子のよう。

あの席でいわて国体を観戦したい!と思うのは私だけではないはずです♫

 

ボランティアの方にお話を伺ってみると、

「小学5年の時に東京五輪が開催された。

あの国立の席に名前を書いて設置できるなんて、感動!」という人、

 

国立での取り外し作業をしたので取り付けまでしたくて来たという埼玉の人は、

「これも何かのご縁なので、この座席がこの場所で活躍してくれたらうれしい」と

期待を寄せてくださいました。

 

参加したボランティアのみなさんは、時代を越え、場所を越え、

様々な思いをこの座席に乗せていました。

 

スポーツの聖地、国立競技場で、半世紀にわたって世界のアスリートの活躍を見届けてきた座席。

多くのドラマ、思いがつまっているので、きっといわて国体の力になると思います。

いわて国体の開幕が、ますます待ち遠しくなりました。

北上椅子②

2015 年 10 月 13 日 10 時 26 分 36 秒