ANNOUNCER / ブログ詳細

PROFILE

相埜裕樹

相埜裕樹

あいの ゆうき

  • 名前 相埜 裕樹(あいの ゆうき)
  • 出身地 大阪府
  • 趣味 映画鑑賞
  • 特技 短距離走、盗塁
  • 目標・尊敬する人 中山貴雄アナウンサー
  • 自分を表すキーワード 初志貫徹、熱血
  • 好きな言葉 継続は力なり
  • 好きな食べ物 ホルモン焼きそば
  • 好きなスポーツ 野球
  • 好きなテレビ番組 熱闘甲子園、世界の村で発見こんなところに日本人
  • 出没スポット 映画館
  • 一言メッセージ・自己PR
  • 過去のサイト 2016年3月以前のブログはこちら

MESSAGE

いろいろな場所に出かけて新しい発見をしていきます!

あす準決勝!!4強の戦力分析

令和2年夏季岩手県高等学校野球大会

県大会はあすが準決勝です。

第1試合は2年連続夏の王者・花巻東

去年秋の王者・盛岡大付が激突します。

 

 

花巻東は地区予選からここまで

ノーエラーと伝統の守備力に加え、

今年は攻撃力にも磨きがかかっています。

チーム打率は5割近くで

どこからでも点が取れる打線です。

中でも去年夏の甲子園を経験し

今大会もホームランを放っている

3番の田村陽大選手、

そして高校通算34本塁打の

4番・水谷公省選手らが控える

クリーンアップは破壊力抜群です。

 

一方の盛岡大付属も強力打線は今年も健在で

ここまで放ったヒットは48本、37得点を奪い

圧倒的な力で勝ち上がってきました。

打線の中軸を担う塚本悠樹選手は

高校通算33本塁打のプロ注目スラッガー。

さらに2年生の松本龍哉選手は打率6割を超え、

準々決勝では特大の3ランホームランを放つなど

脅威となる存在です。

 

 

第2試合は秋の県大会3位の一関学院

公立勢唯一のベスト4・高田がぶつかります。

 

一関学院は代々受け継がれている堅い守りに加え

冬場に雪の上で鍛えたバッティングで

白星を積み重ねてきました。

チームを牽引するのは1番を打つ佐藤颯弥主将。

この夏、2本のホームランを放ち、

打率は6割超えと絶好調。

主将のバットがチームを勢いづけています。

 

高田は25年ぶりのベスト4進出。

ここまで3試合でコールド勝ちと

攻撃力が光る一方、

守りでは2人の投手による必勝リレーで

準決勝に駒を進めてきました。

左の伊藤賢明投手は4試合全てで先発登板。

12回と3分の1を投げ、無失点と

盤石のピッチングで試合を作ってきました。

エースの佐藤真尋投手は最速140キロの本格右腕。

ここまで10回と3分の1を投げ

1失点、13奪三振の好投。

2人の継投が準決勝でも鍵を握ります。

 

第1試合は午前10時開始予定。

岩手朝日テレビでは

試合の様子を実況生中継し、

インターネットでも配信します。

 

果たして決勝の舞台に進むのは

どのチームになるのでしょうか。