ANNOUNCER / ブログ詳細

PROFILE

伊波伴准

伊波伴准

いは ともちか

  • 名前 伊波 伴准(いは ともちか)
  • 誕生日 10月22日
  • 入社年月日 1996年6月1日
  • 出身地 沖縄県中頭郡西原町
  • 出身校 琉球大学教育学部附属中学校→沖縄尚学高校→國學院大學
  • 趣味 歌うこと。なるべく歌いたい。
  • 特技 自己流のピアノアレンジ(全て耳コピー)。声帯模写(乗り物の放送など)、小中高と吹奏楽部(チューバ)
  • 好きな言葉 人間は、自分が価値があると信じた仕事に全力を挙げて投入すべきであり、ただそうすることだけに価値がある(井上靖)。私の尊敬する春日美奈子さん(フリーアナウンサー)のうけうりです。
  • 好きな食べ物 めんたいこ、冷麺、沖縄そば、などたくさん。
  • 過去のサイト
    2016年3月以前のブログはこちら 
    2010年5月以前のブログはこちら

MESSAGE

開局20周年を迎えました。ますますパワーアップするメンバーをテレビで、ホームページでご覧下さい!

ir_iha

キャプテンの笑顔 ~2017高校野球

花巻球場の第2試合は、水沢商業と盛岡四高の対戦でした。
猛暑の中、水沢商業が盛岡第四の3人のピッチャーに対し、全力でぶつかりました。

水沢商業は2回、5番の遠藤那也と6番の小沢楓真の連打などで2アウト3塁2塁の場面を作ります。
しかし、後が続かず、得点のチャンスがつかめません。

一方の盛岡四高は1回に相手エラーで2点を先制。

その後も、1番の千田智、3番の小田中佳文のタイムリーなどで加点。
最後は途中出場のキャプテン田中琉右那のタイムリーで
7対0、7回コールドが成立。

敗れた水沢商業は登録メンバー12人で迎えた夏。
3年生が3人、2年生が9人です。

終わったあとに、キャプテンの昆野紘稀(ひろき)くんは笑顔でした。

悔しいです、と言いつつも、「守りでは、2年生が慌てないように大きな声をかけていました!」
と笑顔。

そして、どうして笑顔なんですか?と聞くと
「自分たちは3年生が3人で、野球ができないかもしれない、と思っていたときに
 2年生がたくさん入ってきてくれて、
 野球ができて、そしてここまで勝ち進んでこられて、それだけでもう感謝です!」
と笑顔。

「小山(おやま)監督に、たくさん教えてもらったことがあって、感謝です!」

試合に負けて悔しかったはずです。
でも、単独のチームで夏を迎え、23年ぶりにベスト16まで進んだのは
野球が好きで、頑張って鍛えてきた結果のはずです。

小山智之監督は昆野キャプテンと、今野健太朗くん、田中圭太君の3人の3年生について
「手がかかったけど、本当によく頑張った3年生だった」とほめていました。

3人しかいないと、他の学校が10人以上で手分けしてできることを3人でやらなければならず、
やることが多くて、逆に何をやっていいかわからない・・・という状況だったそうで
一から、一つひとつ教える必要があったと振り返っていました。そして
「キャプテンは、足りないところもあったが、一人で全部抱えて頑張るタイプだった。
 そして私も、その3年生がいて、
 さらに2年生がいてくれたからこうやって監督として指揮をとれた。
 みんなに感謝です」

野球ができることに感謝。そして夏を迎えられたことに感謝。
キャプテンの笑顔には、いろいろな意味が込められているのだと実感しました。