いいコト! ~見たい 知りたい 出かけたい~

いいコト!  ~見たい 知りたい 出かけたい~

BACKNUMBER 放送内容

無題

訪れるべき老舗スポット

ノスタルジックな空間。

そして歴史が作り上げてきた、懐かしの味やおもてなしの心・・・。

 

長年愛されてきた老舗ならではの魅力をお届けいたします!

◆ユキノヤ◆

ユキノヤ

無題

まずは≪洋食屋さん≫の老舗から。

 

盛岡の洋食店の草分け的な存在といえば・・・

今年、創業40年をむかえた老舗「ユキノヤ」さんにお邪魔しました。

 

盛岡市本町通りのユキノヤ

ノスタルジックな雰囲気の店内と、古きよい味を守る洋食店。

地元はもちろん、遠方から足を運ぶ常連客も多くいるんだそうです。

 

今回いただいたのは、

創業した40年前からのメニュー「ポークソテー」に

エビフライも付いた大人気の盛り合わせ!

ポークソテーに使用するのは、こだわりの県産豚。

その重さ、なんと200g!

おいしさの秘密は、創業時からの継ぎ足しで守り続けてきた

秘伝の「生姜焼きのタレ」

さらに、エビフライには約20cmのものを使うんです。

このボリュームに圧倒されますよね?

 

また、これからの時期

外でも老舗の味を楽しみたい!

そんな方には、テイクアウト用もできる「洋食弁当」がオススメ!

中身は、エビフライにヒレカツ、そしてハンバーグと

洋食の主役級・3品がズラリと顔を並べる間違いなしのお得なお弁当です!

 

 

満足して、満腹になって帰ってほしいという気持ちが

この40年を支えてきました。

帰ってくれば迎えてくれる懐かしい味。

その場所にずっとあってほしいお店がここにあります。

 

◆大沢温泉 菊水館◆

無題

無題

続いては、湯の老舗。

四季を通して、景色も佇まいも楽しめるお宿です。

 

およそ1200年前に発見されたと云われる

花巻南温泉郷の大沢温泉。

趣が異なる3つの宿に、6つのお風呂が魅力です。

今回ご紹介するのは、大沢温泉・菊水館

大沢温泉の一番奥に位置し、160年ほど前の「カヤブキ屋根」が印象的。

 

さっそく、菊水館のお風呂「南部の湯」に入ってみることに。

すごく肌になじむし、この時期は外が寒いので最高です!

また、夏時期はガラス窓を開放して半露天風呂になります!

お湯につかりながら、身も心も窓越しに癒されますよ!

 

お湯の後はお食事。

温泉と一緒で、季節に合わせた料理を味わえます。

地元・花巻の食材を中心に、旬の素材が並ぶさまは、

まさに「季節を愉しめる」お弁当。

ゆったりとした時間の中でいただきたくなります。

 

お弁当付きの日帰りプランは、お部屋もついて

お一人2770円からと魅力的!

菊水館以外のお湯めぐりも楽しめるので、さらにお得感を感じられますよ!

 

お湯と食事の癒し。

水墨画の世界から桜を楽しめる時期まであと少し、

老舗のお宿でゆったりしてみませんか。

 

 

 

 

 

 

◆料亭 駒龍◆

無題

無題

本格的な日本料理のおもてなし。

続いては、老舗の料亭です。

 

盛岡本町通りにある「料亭 駒龍」

不来方城の御門跡地で60年あまりの歴史を積み重ねてきました。

創業以来受け継がれてきたのは、「お客様 大切」の心です。

 

奥に進むと、風格ある佇まい。

また部屋の一つ一つにも、特徴が散りばめられており、

こちらの「竹の間」の天井は、竹で作りこまれています。

職人さんの遊び心も楽しめるんです!

 

さぁそして、料亭のお料理といえば、やはり豪華な会席料理。

カレイの王と呼ばれる高級魚マツカワガレイのお刺身、

見た目にも春を感じられる、タケノコの3種焼き、

そして、しっかりと味が染み込んだキンキの煮つけなど・・・

素材の味を生かした「和の料理」を楽しめます!

また、常連さんには毎回楽しんでいただけるように

同じ料理は出さない心遣いもしているそうです。

 

これからもきっと変わらない「おもてなしの心」

守り続けてくれていることへの感謝も忘れてはいけませんね。