ANNOUNCER / ブログ詳細

PROFILE

相埜裕樹

相埜裕樹

あいの ゆうき

  • 名前 相埜 裕樹(あいの ゆうき)
  • 出身地 大阪府
  • 趣味 映画鑑賞
  • 特技 短距離走、盗塁
  • 目標・尊敬する人 中山貴雄アナウンサー
  • 自分を表すキーワード 初志貫徹、熱血
  • 好きな言葉 継続は力なり
  • 好きな食べ物 ホルモン焼きそば
  • 好きなスポーツ 野球
  • 好きなテレビ番組 熱闘甲子園、世界の村で発見こんなところに日本人
  • 出没スポット 映画館
  • 一言メッセージ・自己PR
  • 過去のサイト 2016年3月以前のブログはこちら

MESSAGE

いろいろな場所に出かけて新しい発見をしていきます!

台風10号豪雨災害から5年

東北や北海道に甚大な被害を出した

台風10号による災害から

きょうで5年です。

 

岩手県内では

関連死を含め28人が死亡し

いまだ1人の行方がわかっていません。

 

入所者9人が亡くなった

岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」では

けさ、祭壇が設けられ

職員や遺族が犠牲者の死を悼みました。

 

 

5年前、私は台風上陸の翌日から

岩泉町で取材を始めました。

当時は、台風による被害で

県内は多くのところで道路が寸断されました。

いつもなら盛岡から2時間ほどで着く岩泉町ですが

迂回路を探しながら5時間ほどかけて

向かったことを記憶しています。

 

そして、岩泉町内の被害は甚大で

言葉を失いました。

目の前の被害状況に戸惑いながら

取材をしたことを

今でも鮮明に覚えています。

 

 

下の写真は安家地区で撮影したものです。

安家川の氾濫によって流木が押し寄せ

川沿いに建っていた家は全壊でした。

 

 

今月中旬に安家を訪れると

安家川の河川改修工事が進むなど

復興工事が今も続いていました。

 

 

 

「楽ん楽ん」で兄を亡くした男性は

大きく傷ついた古里が

 徐々に戻ってきている」と

5年の月日を振り返りました。

 

そして、

二度と悲劇が起こらないように

 早め早めの避難行動が大事だ」と

話していました。

 

 

きょうのJチャンいわてでは

岩泉町から中継を交えて

台風10号から5年が経った

町の様子をお伝えします。