ANNOUNCER / ブログ詳細

PROFILE

相埜裕樹

相埜裕樹

あいの ゆうき

  • 名前 相埜 裕樹(あいの ゆうき)
  • 出身地 大阪府
  • 趣味 映画鑑賞
  • 特技 短距離走、盗塁
  • 目標・尊敬する人 中山貴雄アナウンサー
  • 自分を表すキーワード 初志貫徹、熱血
  • 好きな言葉 継続は力なり
  • 好きな食べ物 ホルモン焼きそば
  • 好きなスポーツ 野球
  • 好きなテレビ番組 熱闘甲子園、世界の村で発見こんなところに日本人
  • 出没スポット 映画館
  • 一言メッセージ・自己PR
  • 過去のサイト 2016年3月以前のブログはこちら

MESSAGE

いろいろな場所に出かけて新しい発見をしていきます!

準決勝①花巻東VS水沢工

夏の高校野球岩手大会はベスト4が出そろいました。

あすが準決勝です。

第1試合は春の王者・花巻東

ベスト4唯一の公立校・水沢工です。

花巻東はチーム打率が4割3分5厘

4チームの中でトップに立ちます。

中でも、相野七音主将(3年)は

打率7割で5打点と

今大会絶好調です!

 

また、初戦で逆転満塁本塁打を放った

1番の宮沢圭汰選手(2年)や

高校通算本塁打21本の

2番・佐々木麟太郎選手(1年)など

長打力のある打者が並びます。

 

一方、水沢工は

準々決勝で秋ベスト4の花巻農を相手に

延長11回サヨナラ勝ちを収め

1983年以来、38年ぶり

準決勝進出を果たしました。

 

 

7番の吉田朋生選手(3年)は

今大会5本のタイムリーを放ち9打点

チャンスでの勝負強さが光ります。

 

エースの山本陸駆選手(3年)は

2回戦で完封勝利。

準々決勝でも11回を投げ5失点と

粘りの投球でチームを勝利に導きました。

 

 

戦後初の岩手大会3連覇を目指す花巻東か、

胆江地区初の甲子園を狙う水沢工か、

準決勝第1試合は

あす午前10時プレーボール予定です。