NEWS / 県内ニュース

江刺金札米が100周年 新パッケージの新米【岩手・奥州市】

全国的なブランド米の一つ、江刺金札米が今年100周年を迎え、新米の出発式が岩手県奥州市で行われました。出発式には、JA江刺の職員らおよそ40人が出席し、100周年と新米の出荷を祝いました。今年の作況指数は9月時点で「103」の「やや良」となり、8月以降、天候に恵まれたことから品質も良いものが出来たということです。13日朝は、100周年を記念したレトロな雰囲気の特別パッケージも発表されました。中央には、トレードマークの大黒様が印刷されています。これは、昭和初期に、米袋の中に小さな大黒様の像を入れていたことに由来します。江刺金札米は、この後、職員に見送られながらおよそ40トンが出荷されました。