NEWS / 県内ニュース

県高校総体4年ぶりに総合開会式 名物の応援合戦はなく応援映像を上映【岩手】

 県高校総体の総合開会式が、4年ぶりに開かれました。規模を縮小しての開催となり、例年に比べ静かな式典となりました。

 例年は、名物の応援合戦が繰り広げられ、熱気に包まれていた県高総体の総合開会式。しかし翌年は雨天で中止、おととしと去年は新型コロナの影響で中止されました。そして12日、4年ぶりに式が復活しました。それでも1校あたり選手2人までの人数制限が設けられたため参加できたのは76校の153人。入場行進や応援合戦もありません。例年に比べ静かな開会式です。応援合戦の代わりに各学校の応援団から寄せられた、動画が上映されました。

 県高校総体は、19日から6月26日まで32競技で熱戦が行われます。また、来年度以降の総合開会式の規模や内容については、県高体連が再度検討するとしています。