NEWS / 県内ニュース

信号機故障を想定 三陸鉄道で非常時の対応訓練【岩手・宮古市】

 岩手県の三陸鉄道で信号機の故障を想定した訓練が行われ、職員が非常時の対応を確認しました。

 三陸鉄道の社員およそ30人が参加した訓練は、駅にある列車の出発信号機が故障した想定で実施されました。出発信号機の故障は少ないものの、過去には落雷の影響で故障したこともあったということです。

 参加した職員たちは、互いに連絡を取りながら状況を確かめたほか、手動でポイントを切り替えるなど安全に運行を再開するための手順を一つ一つ確認していました。

 三陸鉄道では全社員が訓練を受けられるよう、来週も同様の訓練を行うことにしています。