NEWS / 県内ニュース

JR山田線で踏切事故 男性負傷 約150人の乗客に影響【岩手・盛岡市】

 岩手県盛岡市内のJR山田線の踏切で男性が列車にはねられる事故がありました。男性は会話ができる状態だということです。

 5日午前7時17分ごろ盛岡市西下台町のJR山田線梨木町裏踏切で、遮断器が降りる直前に徒歩で侵入した男性が、盛岡方面に向かっていた上り列車にはねられました。男性は、顔などにけがをして病院に運ばれましたが、会話はできる状態ということです。また、列車の乗客23人と乗務員2人にけがはありませんでした。

 この事故で、JR山田線は上下線4本が運休、上り1本に1時間以上の遅れが出るなど、およそ150人に影響がありました。